Microsoft Edgeが満を持して新しいロゴになります

スポンサーリンク

マイクロソフトが過去の負の遺産として考えるInternet Explorerの根絶を目刺し、Windows 10を投入時に満を持して投入されたのが、新ブラウザ「Microsoft Edge」です。しかし企業、個人の反応は鈍く、業務アプリケーションのIEからの移行は思うように進まず、個人に至っては、Chromeをダウンロードするためのソフトと揶揄されるほど。

この状況にマイクロソフトは大きく舵を切りました。昨年12月にデスクトップMicrosft Edgeの開発で実質の業界標準となっているChromium オープンソース プロジェクトを採用することを発表しており、「まったく新しいMicrosoft Edge」を現在、鋭意開発中です。

一般公開向けのMicrosoft Edgeの完成が近づく中、マイクロソフトは11月4日、新しいロゴを発表しました。

これまでのInternet Explorerのイメージに似せた「青色単色のe」から「カラフルなe」に変更になりました。今までのイメージを払拭したい覚悟を強く感じる大幅な変更は大きな反響を読んでいます。

マイクロソフトの今回の目的は「Microsoft Edgeは大きく変わる、大きく変える。」を利用者に伝えることだと思うのでその目的は達成することはできたと言えるでしょう。一方で、ここまでロゴを変更するリスクは大きくそれならばソフト名も変えてしまえば良かったのでは?と個人的には感じました。

新しいロゴ、みなさんはどう思いますか?

私の感想は・・・好みではないかも。この数年間は単色のフラットデザインが流行りでしたがグラデーションに移ってきたのでしょうか?違和感がある新しいロゴですが、すくに慣れるのでしょうね。

”まったく新しいMicrosoft Edge”は現在、ベータ版を公開中です。気になる方は一足お先に試してみてはいかがですか?私も一度、使ってみようと思います。

Microsoft Edge Insider
Introducing the new Microsoft Edge and Bing
The browser and search engine for business In our mission to empower people with knowledge with Microsoft 365, one critical opportunity is the internet. We know...
Getting your sites ready for the new Microsoft Edge
This morning, we released Microsoft Edge Beta version 79, which is the final Beta before the new Microsoft Edge is generally available, also known as the “Relea...
ソフト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ