Yahoo!地図の地図表示システムがMapbox社製に変更、利用者目線ではほぼ影響無し

スポンサーリンク

Googleマップの地図がゼンリン社製から独自マップに変更になったため、道路や建物の形状が変わってしまい、使いづらくなったという意見を見かけますが、私も同感です。

最近、Yahoo! MAPを使う事が多いのですが、「地図システムをMapbox社製に変更する」というニュースを見てドキッとしました。しかし、安心してください!!

2019年10月15日からアプリ用で順次地図システムをMapbox社製に変更されており、この変更により地図のパフォーマンスが向上するとのことです。地図はゼンリン社製を引き続き使用するとのことで一安心です!

スポンサーリンク

Mapbox社製地図システムになって何が良くなる?

  • 地図はゼンリン社製を引き続き使用
  • 地図操作がよりなめらかに
  • スケールバーを常に表示
  • 地番、バス停をくっきりと表示
  • Web版Yahoo!地図は近日中にリリース予定

地図は引き続きゼンリン社製を利用する。ということで一安心。では何が良くなるのか?確認してみましょう。

通信量が約30%削減されるようで地図操作がなめらかになるそうです。スケールバーを常時表示となり、地番、バス停をくっきり表示されるようになります。

実際に新システムに切り替わったアプリで地図を確認しましたが、スケールバーの常時表示と地番が細かく、バス停がくっきり表示されるようになりましたが、地番は少し画面がうるさく感じました。その他操作感は特に変わったとは感じませんでした。

バックの仕組みは大きな変更なのだと思いますが、利用者としては使いやすく快適になれば大歓迎です。あとは地図はゼンリン社製をぜひ使い続けて欲しいです。

Yahoo! MAPの地図表示システムをMapbox社製に変更しました
Yahoo! MAPの地図表示システムをMapbox社製に変更しました。今回の変更により、地図表示のパフォーマンスが向上します。
Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ