【レビュー】ベルキン LightningデュアルアダプターAudio+Charge RockStar

スポンサーリンク

3.5ミリジャックが廃止されたiPhoneは、有線のインターフェース端子はLightningのみです。有線イヤホンと充電はLightning端子を利用します。つまり有線イヤホンと充電を同時にできません。

この問題を解決するためのアイテム、「ベルキン ライトニング デュアルアダプター Audio+Charge RockStar F8J198BTWHT-A」(4818円)をご紹介します。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、ベルキンさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。
スポンサーリンク

開封の儀

パッケージです。Lightning端子を搭載したiPhone、iPadが対象です。

側面に対応機種が書かれていますが、これ以外のiPhone、iPadでもiOS 10以降であれば利用できます。

Lightning端子のイヤホンと充電用Lightningケーブルを同時に利用できます。

側面に商品名称が書かれています。Lightning Audio+Charge RockStar。

底面に各種ライセンスが書かれています。ちなみにAppleのMFi認証を取得済みです。

開封します~。内容物は本体と各種説明書類とシンプルです。

接続のパターンが書かれています。同時で充電ケーブルや、同時にイヤホンは接続できません。当たり前なんですけどね~。

本体です。belkinのロゴが書かれています。

Lightning端子側。

アダプター側。

2つが刺さるようになっています。

反対側。

ケーブル接合部に各種ライセンスが記載されています。

iPhoneとLightning端子イヤホン、Lightningケーブルで充電してみました。問題なく充電ができて音楽もイヤホンから再生されました。当然、音の劣化もありません。

Belkin Audio+Charge RockStarのここがGood!

  • 有線Lightningイヤホンを接続しながら充電できる

このアイテムはただただこれに尽きますね。充電しながら有線イヤホンを使いたい!という方は必須アイテムです。

Belkin Audio+Charge RockStarのここがうーん

  • 価格が高い
  • 有線ケーブルがいっぱいで野暮ったい

MFi認証を通す必要があるためかどうしても価格が高くなってしまいます。また、有線ケーブルがいっぱいでスタイリッシュさはゼロになります。これはこの商品が原因というよりはAppleの問題ではあります。

さいごに

気がつけば、IPhone 11も新型iPadもLightningケーブルが採用されましたね。まだまだLightningケーブルの時代は続きそうです。USBに全面移行すると予想していたんですけれど、ね。

2019/9/17時点でAmazonの商品ページで10%OFFクーポンが配布されています。気になる方はこの期間中にぜひ!

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ