【朗報】ついにChromecastでアマゾンプライムビデオを、FireTVでYouTubeアプリが使えるようになった!

スポンサーリンク

ついに、2019年7月9日、AmazonとGoogleの確執に終止符が打たれました。

AmazonはFireTVとAmazonプライムビデオ、GoogleはChromecastとYouTubeとお互い競合デバイスと動画配信サービスを提供しており、双方のデバイスから締め出しをしていましたが、2019年4月18日に確執解消に向けた合意がなされていましたが、今回ようやく実現されました。

Amazonプライムビデオのキャスト先にChromecastが表示されるようになりました。動作も問題なくChromecastに接続されたテレビでAmazonプライムビデオを視聴できました。

FireTV ではYouTubeアプリの配信が始まりました。インストールすると問題なくYouTubeを再生できました。Amazonは臨時対応でブラウザ経由でYouTubeを視聴することができることはできていましたが、やっぱりアプリ版の方がサクサク快適に動きます。

ストリーミングサービスは本来、デバイスに依存することなく再生できるのが望ましいです。ようやく”正しいカタチ”になりました。

Webサービスインターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ