【新シリーズ】Lenovo、ThinkPadの兄弟機「ThinkBook」をシリーズを発売

スポンサーリンク

レノボは5月29日、ノートPCの新ブランド「ThinkBook」を発売しました。今回は13インチディスプレイを搭載するThinkBook 13sが発表されましたが、今後、14インチモデルも登場予定とのことです。

ビジネス向けノートPCとして人気が高い、ThinkPadとは別のラインナップとなります。コンシューマー向けは、IdeaPad、Yoga、ビジネス向けは、ThinkPad、ThinkBookという位置づけになるようです。

レノボのメールで新商品の発売を知りましたが、初見はどこかのメーカーがThinkPadを真似た名前を付けたのか?と思ったのですが、レノボ自身が「Think~」を使ってきたことに軽く衝撃を受けました。

ThinkBook 13sの気になる価格は定価は141,480円のところ、セール価格 79,920円(税込・送料無料)。主な特徴は以下の通り。バランス良くまとまっているように思います。

  • 電源ボタンを兼用した指紋認証
  • ベゼル約5.5mmの13.3型 FHD IPS液晶ディスプレイ
  • グラフィックスにAMD Radeon 540X搭載モデルも用意
  • 稼働時間最大約13.1時間
  • HDMI端子×1、USB 3.1  Gen1×2(うち1つPowerer USB)、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、3.5mmイヤホンジャック×1
  • 最安モデルでもIntel Core i5-8265Uを搭載、SDD 256GB 搭載

ベゼルも細く稼働時間も長いです。インターフェースも最新技術が搭載されておりUSBも3つあり十分です。タッチパッドも広く操作しやすそうです。CPUに第8世代のCore iシリーズを積んでいるのでi5以上でかなり快適に利用できるでしょう。

レノボの定価はあってないようなものですが、税込みで8万円を切ってくるこのスペックはなかなかいいですね~。ビジネス向けはもちろん、家庭用として利用してもスタイリッシュで快適な機種だと思います。

Lenovo ThinkBook シリーズ |コストパフォーマンスに優れたビジネスノートPC | レノボジャパン
ThinkBook シリーズは優れたセキュリティを備えたモダンなデザインのビジネス向けノートパソコンです。高速なSSD、鮮やかで詳細なディスプレイ、物理的なカメラレンズカバーThinkShutter、セキュリティ・チップ(TPM)、 Dolby Audio®対応のスピーカーを搭載しています。
ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ