【レビュー】Galaxy Note 9をAndroid Pieにアップデートしてみた

スポンサーリンク

Galaxy Note 9(グローバル版、SM-N9600)は2019年2月20日に、Android 9(Pie 9)の配信が開始されました。早速アップデートして約1ヶ月ほど使いましたが快適に使えています。感想を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

Galaxy Note 9 (グローバル版、SM-N9600)をAndroid 9にしてみた

 

ソフトウェア更新のお知らせか配信されました。

サイズは1622.45MBとなっています。アップデート時間はダウンロード時間を含まず約15分ほどで完了しました。光回線の場合はダウンロード時間を合わせて30分以内で完了するでしょう。

アップデート後はダークテーマが適用されていました。有機ELディスプレイだと黒が引き締まるだけで無く、省エネ効果もあるのでいいですね。また、Samsungアプリのアイコンのデザインが大きく変わりました。

設定画面もダークテーマ。何となくスペースが広くなってしまいましたね。大きな画面に情報量が少なすぎるような感じもしますが、探しやすく、見やすくなった効果もあります。最初は違和感しかありませんでしたが、数日で慣れてしまうので人間って不思議ですね。

Samsung Notesのバージョンも3.0.00.103にアップデートされました。機能が追加されたものはありませんがダークテーマが採用されアプリ全体が引き締まった印象です。

ナビゲーションバーを非表示にしてゼスチャーで操作することも可能になりました。いわゆるiPhone X系の操作ですね。戻る操作を画面左外から右フリックという設定はできず、毎回左下当たりから上フリック操作する必要があり不便です。このUIを採用しなかったのは、Galaxy独自アプリのランチャーが画面外からのフリックで呼び出す操作となるため、被るからなのかもしれません。この点は一工夫して欲しかったな。

Antutuベンチマークの結果スコアは287,000点。Android 8の結果で279,000点だったので若干スコアが向上しています。最新OSを入れて重くなったとと言う結果では無さそうです。

Android 9 (Pie)の感想

いきなりダークテーマが採用されており、引き締まった印象を持ちました。設定画面など文字が大きくなったり枠が大きく無駄にスペースを取る画面デザインは違和感がありましたが、3日ほどで慣れました。

Android 9になりカメラ性能向上を期待しましたがこちらも大きな違いがありません。ただ、Android 8の時は起こらなかったカメラが途中で固まり撮影できなくなる現象に2度ほど遭遇しました。

この現象、Galaxy Note 9ではクアルコムの「Snapdragon845」を搭載してるモデルでAndroid 8で発生が報告されているようですが、Android 9でも発生してしまい残念です。早急な改修をお願いしたいところです。

その他操作面では、ナビゲーションバーを元に戻して利用しています。Android 8との違いを感じることはなく、カメラアプリ以外の不具合も今のところ遭遇していません。

OS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ