【レビュー】3000円台で完全コードレスを実現したSoundPEATSのイヤホン

スポンサーリンク

iPhoneを始め最新機種のスマホは、イヤホンジャックが廃止される流れが続いています。イヤホンジャック必要派な私ですが、普段はBluetoothイヤホンを使っています。だって便利ですもね。

Bluetoothイヤホンの欠点は、充電ではないでしょうか。イヤホンの収納ケース自体がバッテリーを内蔵していてイヤホンを利用後に収納することで充電されるタイプのものが発売されています。これらは、完全コードレスでもあり、充電とケーブルからの悩みから開放されます。

しかも、最近は価格も下がってきています。今回、3,000円台で買える、SoundPEATS TrueFree(3,980円)をご紹介します。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、SoundPEATSさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。
スポンサーリンク

開封の儀

SoundPEATS TrueFreeパッケージです。

背面に商品特徴が書かれています。完全コードレスで、高音質でクリアな音質が特徴です。

開封しました。取り外そうとするとパッケージからケースが取り出しにくかったです。これは改善の余地ありです。

内容物はBluetoothイヤホン+充電式収納ケース本体、8×イヤーピース、USB充電ケーブル、日本語取扱説明書となっています。

SoundPEATS製品の取説は日本語対応しているものが多く、安心感がありますね。

正面から見たところ。充電中はLEDが点灯するので状況を確認できます。

背面にmicroSD端子があります。

底に仕様が書かれています。入力に5V/1Aに対応したACアダプターなどが別途必要です。バッテリー容量は380mAhです。

イヤホンを取り出すと充電用接点があります。ここで問題が発生。イヤホンをケースから取り出しにくいのです。少し窪んでいるところを指で持ち上げる感じで取り出すわけですが、これが滑って取り出しにくいです。注意が必要です。

イヤホンはプラスチック素材で高級感はありません。

イヤホンはシンプルな形状です。

左右並べました。コンパクトで重量は片耳わずか4.7g。

L、Rの表示が同色なので若干わかりにくいかな?

以上、開封の儀でした。

SoundPEATS TrueFree を使ってみた

ペアリング

  • 【両耳モード】初回ペアリング手順
    1.  右側イヤホン(親機)を充電ケースから取り出す。イヤホンが自動で電源オンとなりペアリングモードになる(初回のみ)
    2. スマートフォンのBluetooth接続画面を立ち上げ、リストより“SoundPEATS TrueFree-R”を選択する
    3. 右側イヤホンのペアリング設定完了後、左側イヤホン(子機)をケースから取り出すとペアリングが完了。“Connected”と音声が流れればペアリング成功。
  • 【片耳モード】初回ペアリング手順
    1. 片側いずれかのイヤホンを充電ケースから取り出す。イヤホンが自動で電源オンとなりペアリングモードになる(初回のみ)
    2. スマートフォンのBluetooth接続画面を立ち上げ、接続先リストより“SoundPEATS TrueFree-R”もしくは“SoundPEATS TrueFree-L”を選択する
    3. “Connected”と音声が流れればペアリング完了。

★二回目以降はスマートフォンのBluetooth接続をオンにした状態でイヤホンを充電ケースから取り出すだけペアリングが完了する

操作性

音楽の再生・停止・早送り・巻き戻し、受電・着信拒否など、1つのボタンで操作可能。

  • 音楽モードの操作方法
    • 音楽再生/停止・・・イヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す
    • 1曲送り ・・・イヤホン(R)のボタンを2回押す
    • 1曲戻し ・・・イヤホン(L)のボタンを2回押す
  • ハンズフリー機能
    • 電話に出る・・・着信時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す
    • 電話を切る・・・通話時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す
    • 電話を拒否・・・着信時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1.5秒長押し
    • 音声アシスタントを起動・・・イヤホン(LまたはR)のボタンを1秒長押し

イヤホンからボリュームの調整はできない。ボリュームの調整はスマホで行う

音質

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと比較してどうしても不利です。このイヤホンも同様、高音質とまでは言えないでしょう。しかし、この価格で完全コードレスを実現しているBluetoothイヤホンと考えると十分納得がいく音質と言えるでしょう。

ただ、私の環境ではAndroidスマホに接続の際、ケースから取り出し再ペアリングをした際、音量が毎回、最大となってしまいました。つまり毎回、音量を下げる操作が必要でした。これは不便と感じました。

SoundPEATS TrueFree のここがGood!

  • 3000円台で完全ワイヤレスイヤホンが手に入る
  • 完全コードレスはやっぱり快適
  • 最大20時間の利用が可能(ケースで5回の充電を含む)

完全無線イヤホンはやっぱり便利です。この快適さを一度味わうと有線イヤホンに戻りたくなくなると思います。(ただし、音質に妥協をする必要あり。)

移動中、ケース保管をすると充電ができるのがやっぱり便利ですね。ケース自体の充電を忘れないようにしなきゃいけませんね。

SoundPEATS TrueFree のここがうーん

  • 音質は妥協する必要がある
  • 再ペアリング後、私の環境では音量が最大になってまい、毎回音量を下げる必要があった

有線イヤホンとの音質の差は十分理解した上で利便性を取るという気持ちで購入する必要があるでしょう。また、私の環境では、毎回音量が最大になってしまう事象が発生しました。(すべての環境で発生しないかもしれません。)これは注意が必要ですね。

さいごに

Bluetoothイヤホンでもワイヤレスだ!と便利と感じていましたが、ついに完全ワイヤレスの時代がやってきました。価格が安い商品はコストカットをしている部分が必ずあるわけで、その点は十分理解した上で購入するようにしましょう。

この商品は入門機として最適だと思います。気になる方はチェックしてくださいね。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ