Safari3.1を入れてみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20080424_221133.jpg
アップル社製のブラウザ、「Safari 3.1 Windows版」を使ってみました。
Safariと言えばMacの標準ブラウザ。Mac版IEの開発がストップしている現時点でMacではかなりのシェアを占めています。

そんな“世界で最も先進的なブラウザ。(当社比?)”のSafari。
HTML表示能力やJavaScriptsの動作速度が速いと紹介されていますが、体感的には「ちょっと早いかな?」という程度。
動画やFlashの処理でたまにもたつく感を感じたり、一長一短という感じでしょうか。

WindowsXPユーザーでMacユーザーの“綺麗な文字フォント”を羨ましいと思っていた人はSafariのアンチエイリアスのかかった文字を見たら感動するかもしれませんね。私もその一人です(*^_^*)。
でもアンチエイリアスのかかった文字ってはじめは綺麗で読みやすいのですが、次第にぼやけていて太くてもっさりとした感じに見えてきてしまいます。こればっかりは好みなので何とも言えませんが。

標準でそこそこ快適なSafariですがそこはメーカー製。しばりも多いです。
iTunesがWindowsでも広く受け入れられた成功体験があるので、ブラウザでも参入したのだと思いますが、他のブラウザともっと差別化しないと普及は難しそうですね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin