我が家にiPhone5がやってきた!開封の儀と半日使った感想など。軽い&薄い&速いことはやっぱり正義!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2012年9月21日iPhone5が発売。その翌日22日午前11時15分。我が家にiPhoneがやってきました。これでiPhone4台目の@hitoxuです。

iPhone 5で私自身、4台目のiPhoneですが毎回ワクワク、ドキドキ。でもiPhone 3GSからの変化を冷静に見てみると、劇的な変化というのは実はそうないんですよね。しかし毎回、着実なバージョンアップで高速化し快適になっていくiPhone。

iPhone 5でCPUはApple A6となりメモリも1GBに到達しました。ベンチマークでiPhone 4Sの2倍の性能だといいます。そんな史上最高のiPhoneが手元に届きました!!

開封の儀から半日使ってみた感想をば。。。

スポンサーリンク

開封の儀

新しいものを買った時のお楽しみ?。開封の儀、行ってみましょう〜。

ソフトバンクより午前指定便でしっかりと届きましたよ〜。去年は12:30と30分遅刻でしたが今年は11:15着。

段ボールの同梱物。iPhone5本体、納品書、お礼状、USIMカード、お父さんストラップ(笑)。

これがnano SIM。爪より小さいです。すごいな〜。

お父さんストラップももらっちゃいました(^_^;)。

こちらがiPhone5。早速ビニルを外しましょう?。

これだけで存在感が半端ないですね。。。

パッケージ横。iPhone 5のロゴが少し変わりましたね。

パッケージ上。

パッケージ裏。64GBの文字が光り輝いています(^^)/。

iPhone 5さんとご対面〜。かっこいい!

iPhoneはいつもパッケージに緩衝材が入っていません。上蓋のわずかな盛り上がり部分がiPhone 5本体を押して安定させかつ、クッション的な役割もしているのでしょう。パッケージにここまで凝っているのはさすがはアップルです。

iPhone 5本体の下は、マニュアルや付属品類が入っています。(右側)

つまみを持ち上げてみると……。

新しいイヤーパッドのApple EarPods with Remote and Mic、USB電源アダプタ、Lightning – USBケーブルがお目見えします。

外に出してみました。

iPhone5の下にあった箱の中にはマニュアルとUSIMカードトレイを取り出すピン、そしてAppleロゴのシールが入っています。このシールは必須ですよね。

開封の儀の続きですが、nano SIMをセットしましょう。iPhone横のiPhoneトレイをピンで強く押します。

このようにSIMカードトレイが出てきます。

右がiPhone 4、4Sで利用した、micro-SIM。左がiPhone 5で採用されたnano-SIMです。micro SIMでも小さいと思ったのに、更に小さくなるとは……。

SIMカードトレイです。iPhone 4Sではこのトレイに機器固有番号が刻印されていましたが、今回は何も記載はありませんでした。

iPhone 5に戻しセットします。カチッと音がするまで押し込みます。

最後にシールを取った状態のまっさらのiPhone 5を楽しんで見ましょう。

真下より。イヤホンジャックが下に移動しました。Lightning はものすごく小さいですね……。小型化にはLightning への移行は必須だったのかもしれませんね。

本体左側にマナーモード切替スイッチ、ボリュームボタンが配置。iPhone 4Sから形状や位置に変更はありませんが、色が黒色になっています。はげないでね……。

本体右下側から。iPhone 5では周辺のエッジがなくなり丸みを帯びた感じになっています。見た目が小さく感じる工夫かもしれません。

本体右上から。電源ボタンが配置されています。これも変更無しですね。

裏側です。ツートンがはじめは違和感がありですね。マット感があり少しざらつきます。

裏側の写真をもう一カット。エッジ部分の塗装がはがれやすいという情報があるようです。確かに頼りなく感じます。

iPhone4SとiPhone5を並べて見ました。iPhone 4Sホワイトはやっぱりカッコイイな〜。

もちろんiPhone 5の方が少し長くなっています。

下側の形状はiPhone4Sの方がやっぱり高級感がありますね。

裏側。これたiPhone 4Sが完璧すぎます。iPhone 5はツートンにしたことで引き締まった感じはありますね。

iPhone 5を使ってみたファーストインプレッション

iPhone 5を使ってみた感想を書いてみます。またiOS6の機能はここでは割愛させていただきます。(マップの不満が長くなりそうなので(^_^;))

iPhone 5のここが凄い!

  • iPhone 4Sより長くなったのに軽くて薄い
  • とにかく速い。何をするのもストレス無し
  • LTEが爆速!
  • 無線LANが802.11n 5GHzで爆速!
  • 縦長は文字入力時テキストエリアが広がり入力がしやすい

iPhone 5のここがうーん!

  • ブラックの塗装がはがれないか心配
  • デザインがiPhone4Sから劣化

うーんな所を書こうと思ったのですが大半がiOS6の事しかありませんでした(^_^;)。iPhone 5本体自体はデザイン面で若干の不満があるだけで、それでも他のスマホに比べると違う次元なので事実上不満は無いというのが今の感想です。(一部機器に不良が報告されているので後に増える可能性がありますが。)

iOS6の不満はソフト面なので追々改善されるであろうと楽観視しています。

すごい点についてはiPhone 4Sに比較し全てにおいて正当に進化した、という印象を受けました。CPUがApple A6になりメモリが512MB→1GBになり、LTE対応に802.11n 5GHz対応。

これで快適でない訳が無いですよね。CPUがクワッドコアでないという声もありますが、アップルはハードメーカかつOSメーカーです。ハードの性能、仕様に最適化したOSにチューニングできるのが最大の強みです。

これはAndroidを製造している各社には絶対にできない技としか言えません。それらのスマートフォンと同じスペックであれば間違い無くiPhoneの方が快適な操作感を体験できるのは過去の機種からも証明されていますよね〜。

正直なところiPhone 4Sでも遅いだとかストレスを感じることがほとんど無かった私。CPUが速くなってメモリが倍になって、もうこれ以上の快適は無い、という体験をさせていただいています。ありがとうAppleさん、そしてソフトバンクさん!! 

LTE初体験レポ

最後にLTE初体験のレポを少しだけ。3G回線では2Mbpsが最高速度で普段は数百kbpsが標準だったソフトバンクの3G回線。

「75Mbpsとか言っちゃってもLTEになってもどうせ規格値でしょ。」とあまり期待していなかったのが本音だったりしますが、測定してビックリ!! ダウンロード21.1Mbps、アップロード11.1Mbps!!! これはもう自宅で無線LANでインターネットを利用している体感とほぼ変わりなしですね。

残念ながら自宅はまだLTEエリアでは無かったためLTEエリアを探して測定をしました(^_^;)。早く来い来いLTE!! 

しかしここまで快適だとモバイルWiFiルーターを契約しているiPhone 5ユーザーのほとんどがテザリングオプションを付けるでしょうね〜。私も007Zは来年1月に解約する予定です(^^)/。

まとめ

iPhone 4SでiPhoneは完成された、と思っていた私。5でどんな進化をするのか?想像できなかったのですが、さらに高速化を図り快適さもUP。恐れ入りました。

ソフトバンクとauの競争は消費者から見るとありがたいです。auがテザリングに踏み切らなければ間違い無くソフトバンクはテザリングを解禁しなかったでしょう。1月からではありますが、評価したいです。やっぱり競争って大事なんですね。

まだまだワクワク感があるiPhone 5ですが、よく考えるとiPhone 4S発売から11ヶ月しか立っていないんですよね……(^_^;)。4から4Sまでが1年4ヶ月あったとはいえ、速いような気もします。

今後は毎年9月に新iPhoneが発売になるかな?来年6月にiPhone 5Sだけは勘弁してください。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin