ついにSkitchがiPhoneに対応!やっぱりSkitchは使いやすい?

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iPhoneでブログを書きたい、と思い環境を整えているけれど、ついついMacBook Airで書いちゃう@hitoxuです。

写真やスクリーンキャプチャに簡単に図形や矢印、テキストを書き加えられることで大人気のSkitchがついにiPhoneに対応しました!! 

元々はMac版が発祥のSkitch。当然、iPhone版が出るだろうと誰もが考えていたら、Android版がリリースされ、次にリリースされたのはなんとiPad版。iPhone版はなかなかリリースされずやきもきしていましたが、Ver2.0のアップデートにあわせ、ついにiPhoneに対応しました!! (ユニバーサルアプリ化されました。)

待っただけあり、めちゃくちゃ使いやすい!!今回はSkitch iPhone版をご紹介します。

Skitch 2.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 16.5 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

スポンサーリンク

Mac版とほぼ同じ機能&操作性

この画面は加工したものではありません。アプリ起動直後の画面です。まさにSkitchでできることを実に分かりやすく表現されていると思います。もうこの画面でこころをギュッと捕まれましたよ、はい。

「こんにちは!」と声に出してタップしちゃいました(^_^;)。

Skitchの説明が続きます。アプリ名の上に「EVERNOTE」とあるのがオシャレ!? 

「素早く効率的に」に取り消し線が引かれ……。

「素晴らしく」してくれるのですか! Skitchを使えば確かにそうかも。

まずはEvernoteアカウントの連携設定から。

Mac版 Skitchで書いた内容がそのまま表示されます。これは何とも新しい感覚で嬉しいです。iPhone版で編集されたものも当然シームレスにMac版Skitchから利用できます。(Ver2.0以降)

機能・操作性ともにMac版とほぼ同じなのが素晴らしいです。ちゃんとモザイク機能もありますよ〜。

シェア機能は「公開リンクを作成」、「メール」、「カメラロールに保存」の3つ。公開リンクを作成はEvernoteの公開機能を利用してURLが発行されます。もちろん公開後に取消もできます。

新しいSkitchを作成する画面では、「写真を撮影」、「写真を選択」、「地図に描画」、「白紙に描画」、「Webからキャプチャ」から選択できます。

画面右上のiPhoneマークは、画面キャプチャの説明が書かれています。ホームボタンと電源ボタンを同時に押すと取れる事とカメラロールに保存されている事をていねいに解説しています。素晴らしい! 

Webキャプチャ機能はSkitch内のブラウザでキャプチャできます。

検索キーワードからやURLを直接入力してウェブページを表示させます。

スナップをタップすると、表示されている領域のページだけをキャプチャしてくれます。余計なバーなどがのぞかれるので綺麗ですね。

個人的に便利だと思うのが、マップ書き込み機能です。待ち合わせ場所などを連絡するときに地図にお絵かきするアプリはいろいろとありますが、これからはSkitchひとつで完結できるのが嬉しいですね。

最後に

Skicthがバージョン2.0になり、iOS版とMac版との連携がシームレスとなった点やUI、機能がほぼ同じという点が実に素晴らしいです。アプリは無料なのでブロガーに限らず、写真や地図に手軽に文字や図形を書き込みたいという方に特にオススメなアプリです。

ともかく無料なので一度入れてみて使ってみてください!Skitchは使っていると何故か楽しくなるんですよね〜。これはMac版から何ら変わっていないです?。これからお世話になります〜!!! 

Skitch 2.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 16.5 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin