iPhoneでSafariのURL欄に「ひとぅ」と入力すると「ひとぅブログ」が表示される件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iPhoneやiPadのSafariのURL欄に「ひとぅ」と入力して「開く」をタップすると……。

なんと、ひとぅブログ(このブログ)が表示されます!! みなさんもやってみてください〜。

     *     *     *

私もここまで知名度が上がったのか、と思うと感無量です……。

と、いうのは冗談で、種明かしをすると、SafariのURL欄にアドレスではなく、単語を場合、「http://www. 」と「.com」が自動的に補完されるという機能を利用しただけなんです(^^)/。

つまり、先ほどの場合は、「ひとぅ」と入力して「開く」をタップしたので、Safariが「http://www.ひとぅ.com/」に変換してアクセスを試みます。

「あれ?日本語で大丈夫なの?」とお気づきの方、その通りです。

事前に、日本語ドメインで「ひとぅ.com」を取得して、「http://ひとぅ.com」と「http://www.ひとぅ.com/」にアクセスがあれば「https://hitoxu.com/」に転送されるように設定をしてあります。

これで、無事、「ひとぅブログ」が表示される(転送される)ということになります(^^)/。

スポンサーリンク

ブロガー必見!.comの独自ドメインをお持ちの方は日本語ドメインもおさえよう!

ブログを運営する上で検索エンジンからのアクセスはとても重要な経路のひとつです。そのため、検索キーワードを間違ってSafariのURL欄に入力してしまった場合でも、訪問者さんをスムースに、自分のブログに誘導できる手段として、今回の技は有効ではないかと思います! 

MacやPCではURL欄に検索キーワードを入力するブラウザが増えていますが、iPhoneやiPad、iPod touchなどのiOS版Safariでは、URL欄と検索窓は別れています。間違ってURL欄に検索キーワードを入力しちゃう事って私は結構あるんですよね〜。

まとめると以下の通りです。

  • 日本語ドメインをValue Domain などで取得する
  • 取得したドメインをURL転送で自分のブログのURLを設定する(wwwあり/なしとも)

.comドメインを使ってブログを運営しているブロガーのみなさんは、日本語ドメインも取得してみてはいかがでしょうか?

まとめ

このURLアドレスの補完機能はユーザーに取っても嬉しい機能です。今回はこの機能を利用した、ブログへの誘導方法をご紹介いたしました。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin