スマホやガジェットの充電でケーブルが邪魔にならない!「Converge Rest and Recharge」を買って使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ガジェット好きな私の悩みは、機器の充電でケーブルが煩雑になっちゃうという点。iPhone、Androidスマホ、エネループ電池、ポケットWi-Fiは毎日、充電をしていますが、もうごちゃごちゃ。ケーブルが絡まるわ見た目は悪いわで、どうにかしたいと、ずーーーーーっと思っていました。

そんな中、GIGAZINEさんで興味深い商品が紹介されていました。

スマホやカメラのコードを隠してスッキリ充電できる「Converge」を使ってみた – GIGAZINE

おー、これこれ。機器を立てかけられるのもいいやん!と一目惚れ。でも海外から取り寄せるのは面倒だな、とTwitterでつぶやいたら、@hibiki_08さんが、秋葉館で取り扱っているよ〜と情報提供をしていただきました。@hibiki_08さんありがとう!! 

さっそく、秋葉館さんで購入しちゃいました〜。Converge Rest and Recharge、送料、消費税込みで3,480円安いね〜! (現在は在庫切れのようです。)

Converge Rest and Recharge [PCVG2-WH01] |秋葉館.com Mac専門店

スポンサーリンク

Converge Rest and Rechargeを使ってみた

入金確認後、3日で商品が到着しましたよ〜。早速開封の儀&使ってみましょう〜。

こちらがパッケージです。

パッケージの底にも写真がデザインされているのは珍しいですね。

パッケージの裏側。パッケージの観察はこれくらいにして早速、開梱しましょう(^_^;)。

同梱物は本体、ACアダプタ、マニュアル、以上! マニュアルは読まずしても使い方は分かります。

本体の裏側。USBポートが4つとACアダプタの接続端子があります。

本体の底。ゴムの足がついているので机の上でも滑りません。

本体横側から。一枚の板が波打ったような美しい曲線です。いいデザインですね〜。

機器のケーブルは本体の下側から出すのですが、前面に出す部分がシリコン素材になっているので、本体接続端子の取り出しも問題無く、また、隙間も少ないのでケーブルが出過ぎない工夫もされています

USBポートにケーブルを本体下にまとめることで、すっきり収まります。

普段使っている機器を接続してみました。結構パンパンです(^_^;)。4つは無理があるかもしれません。3つくらいが妥当かと思います。

でも、3つくらいだったら、それほどケーブル自体も邪魔にならないんだけど……と思ったり。まぁ細かいことは気にしないことにします(^_^;)。

まとめ

ようやく充電ケーブルのごちゃごちゃから解放された私。いい商品をゲットできたと満足しています。

ただ、USBポートが4つあることを考えると、台の横幅はもう少し広い方が良かったかも、と思います。

Converge Rest and Recharge [PCVG2-WH01] |秋葉館.com Mac専門店

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin