【レビュー】Ready SendはMMS、Twitter、メールに定形文を送れます。テンプレート(ひな形)を作って楽をしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

毎日決まった文章をつぶやいたり、メールしたりしていませんか?例えば「おはよう♪」、「おやすみ〜」、「お先に失礼します」、「今から家に帰る」などなど……。

今回は、そんなあなたにぴったりなアプリ、「Ready Send 1.2(無料)」をご紹介します(^^)/。

Ready Send 1.2(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: hmhv – MYUNGHOON HONG(サイズ: 3.2 MB)

Send Readyは、「メール」、「iMessage(MMS/SMS)」、「Twitter」へ定形文を送信できるアプリです。ひな形を作っておくことができます。

この手のアプリはいろいろありますが、Twitterやeメールに送信するアプリは多いのですが、iMessage(MMS/SMS)に送れるアプリってあまり無いんですよね〜。Ready SendはiMessage(MMS/MMS)にも送信できるので、MMSをよく使う人には超おすすめです!! 

ちなみに無料版では4つまでひな形を作成できます。だいたいの人は4つで充分ではないでしょうか?

アドオン(85円)を購入することでテンプレート作成数の制限を解除することもできますよ〜。

はじめてアプリを起動すると説明が表示されます。これがすべてです(手抜き!w)。

1.画面上の「+」ボタンをタップしてテンプレートを登録します。「メール」、「iMessage(MMS/SMS)」、「Twitter」から選択できます。
2.作成された○のアイコンをタップして送信に進みます。

このアプリではあくまでも送信の補助をする位置づけのため、送信前に確認画面が表示されます。この画面でメッセージの編集もできます

長押しでイメージや位置情報の添付もできるのも気が利いています。

実際に、「+」を押して見ましょう。「メール」、「iMessage(MMS/SMS)」、「Twitter」から選択できます。

ここではTwitterアイコンを選択してみました。

こんな感じでテンプレートを登録してみましょう。

準備完了! Twitterアイコンをタップすると……。

iOS標準のTwitter送信画面が表示されます。必要に応じてメッセージを編集の上、送信でOK!! 

メール、iMessage(MMS/SMS)でも同じ動作でiOSの標準機能の送信画面が表示されるので操作で迷うことは無いでしょう。

Ready SendはシンプルなUIかつデザインがきれいなので使っていて気持ちがいいですね。決まった文章をよく送るよ〜。という方は、Ready Sendを試してみてはいかがでしょうか?

Ready Send 1.2(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: hmhv – MYUNGHOON HONG(サイズ: 3.2 MB)

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin