iOS5でバッテリーの持ちが悪くなった人必見!見直しポイント

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iOS5になり、iOS4から200以上もの項目が改善されたらしいのですが、一方で電池の持ちが悪い、バッテリーの消耗が激しい!と感じている方も多いのは無いでしょうか?

バッテリーを長持ちする、節約するポイントとしては次のポイントがあります。

  • 頻繁に動くアプリを少なくする
  • 使っていないものをオフにする

基本的なことなのですが、これが意外と難しいんですよね〜。iOSは裏でいろんなアプリやサービスが動いています。(Androidほどでは無いかもしれませんが……。)また、設定項目もあちこちに散らばっていてややこしいです。

私もバッテリーの消耗が気になっていて、いろいろと設定を見直してみたのでご紹介したいと思います。みなさんのご利用環境、ご利用シーンにより最適な設定は変わりますので、適宜読み替えていただきますようお願いします

スポンサーリンク

「設定」をひとつひとつ見ていこう

「設定」アプリを起動して、各項目をひとつずつ見ていきましょう。

今回設定を見直すのは「通知」、「位置情報サービス」、「一般」、「iCloud」の4つ。さっそく見ていきましょう。

1.「通知」はありがた迷惑?

iOS5の新機能「通知センター」ですが、天気予報など手軽にチェックできる一方、定期的に裏でアクセスをしています。

余計なお世話なんだよ!というものも(例えば株価(^_^;))あります。「通知センターで表示するApp」を見直しましょう。

各アプリの「バッジ」、「サウンド」、「バナー」も見なおしてみましょう。不要な項目、ありがた迷惑な項目はオフにします。

一番下に、「緊急地震速報」の設定もあります。万が一に備えオンにしておく事をお勧め致しますが、電池のもちを優先する場合は、オフにすると効果はあるでしょう。

2.「位置情報サービス」は勝手にGPSにアクセスするな!

「位置情報サービス」をオフにすることはiPhoneを使う意味が無いと言っても良いほどですが(^_^;)、必要ないアプリでも位置情報を取得しにいっているアプリもあるので、不要だと思うアプリはオフにしましょう。

画面の一番下にある「システムサービス」はiOS5から追加された設定項目です。ここの設定も見てみましょう。

初期値はすべてオンになっていますが、私は「コンパスの調整」以外をオフにしました。こんなにも意図としていない場面で位置情報を取得されていた事に驚きましたよ、はい。

3.「一般」は範囲が広いけど重要な項目があるよ

3つめは「一般」です。もう少しです。がんばりましょう(^_^;)。Bluetooth機器を使われていない方は「Bluetooth」をオフにしましょう。

「Spotlight検索」は下に解説しています。「自動ロック」は短い時間にすると電池消耗を抑えられます。

「Spotlight検索」の設定を見てみましょう。Spotlight検索はホーム画面で左にスワイプすることで検索画面が表示されるあの機能です。

横断的に検索できるので大変便利ですが、バックグラウンドでインデックスを作成するので不要な項目はチェックを外すといいでしょう。私は「連絡先」、「App」、「ミュージック」の3つだけにしました。

4.iCloudを使ってる?使ってない項目はOFF!

最後はiCloudです。iOS5の目玉機能のiCloudですが、使っていない機能はオフにしましょう。私は「連絡先」と「リマインダー」、「iPhoneを探す」の3つだけにしましたよ〜。

「iPhoneを探す」は紛失したとき欲しい機能なのでオフにできません(^_^;)。ちなみに家のリビングで使うだけのiPadはオフにしています。

また、iCloudすべての機能を使わないよ!という場合は、この画面の一番下にある「アカウントを削除」してしまうのもいいかもです。

起動中のアプリを定期的に終了させましょう

iOSではバックグラウンドでアプリが起動し続けます。そのままでもバッテリー消費はない、という意見もありますが、起動中はバックグラウンドで定期的に動くアプリもありますし、メモリ解放の効果も期待して、定期的に終了させてやるのがいいと思います。

ホームボタンをダブルクリックすると起動中のアプリが表示されます。アイコンを長押しでぷにぷに動き出します。「−」をタップしてどんどん終了させましょう!

それにしても、なぜ一発終了機能がないんでしょうかねぇ?iOSの謎です(^_^;)。

やっぱり公式サイトの情報もチェックしておきましょう

最後に、アップル公式サイトに掲載されているiPhoneのバッテリーに関するページをご紹介します。こちらも一読しておくといいかもしれません。しかし、これをすべて実行すると、iPhoneの魅力が半減するな〜と思うのは私だけでしょうか?(^_^;)。

最後はモバイルブースターを持ち歩く!

バッテリーの長持ちさせる設定のご紹介をさせていただきましたが、結局は、外部バッテリーを持ち歩くのが一番の安心だったりします(^_^;)。

私は、サンヨーのエネループ「モバイルブースター」を愛用中です。満充電をしておいていざ使おうと思ったらへたっていた!なんていう外部バッテリーも多いですが、そこは安心のエネループ。そんなことはまったくありません!(^^)/。

少し前までは4,000円弱はしていましたが、今だと、3,000円弱で手に入る大容量タイプのものもあり、お買い得です。カバンが少し重たくなりますが、外部バッテリーを持っている安心感はやっぱりいいですよね〜。

今回ご紹介した設定の他に、「ここを設定したら劇的に電池の持ちがよくなったよ!」という情報をお持ちの方はぜひ教えていただけると嬉しいです(^o^)。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. とある人 より:

    ちなみにiOSはMacが元になったためにアプリの一括終了がないようです。
    しかしMacが元なので電源を切って入れ直せば履歴には残ったままですが全部終わってます(笑)

    • ひとぅ より:

      なるほど〜。Macをベースに作られたから一括終了が無いのですか!
      そのように聞くと妙に納得(^^)/。でもやっぱり欲しいですよね(^_^;)。

  2. FJ より:

    あと、ViberやLineなどの電話アプリは常に動いているようで、あまりインストール数を増やさない方が良いようです。試しにViber,Tango,Lineの三つをインストールした状態としていない状態とでテストしてみたところ、同じ時間で倍近い消費の違いが見られました。

    • ひとぅ より:

      情報ありがとうございます。確かにアプリを起動しなくても通知されるアプリの場合、常に待機状態になっているはずですもんね。
      最近、増えてきたその種のアプリの見直しも必要かもしれませんね。

  3. とある人2 より:

    ちなみに電話アプリを入れた状態(Viber, Tango, Line)と入れていない状態では、電池の持ちが倍ぐらい違いました。これらのアプリは常駐していて、shutdownできないようなので、電池に悩んでいる人は絞り込むのも手かもしれません。

Highslide for Wordpress Plugin