Picasa(Google Photos)の容量が無制限に?実際は制限あり!のまとめ

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Picasaウェブアルバムは、これまで写真やビデオの容量が1GBまで無料で、特定サイズ以下のファイルは、この無料の容量制限にカウントされていませんでした。Google+ユーザーであれば、2048×2048ピクセル以下の画像、15分以内の動画は同じくカウントされません。Google+ユーザーでない場合、画像サイズは800×800ピクセル以下になります(ビデオのサイズは15分以下で変わらず)。

容量の制限を超えて、これらのサイズ以上の画像をPicasaにアップロードしようとすると、Googleは自動的にリサイズしてしまいます。よって、結局無料の容量は無制限ということになるのです(希望のサイズでのアップロードはできない、もしくは有料ということに)。
Google+との連携でPicasaウェブアルバムの無料容量が無制限に! : ライフハッカー[日本版]

ライフハッカーのこの記事を目にした人も多いのではないでしょうか?「お!これはすごい!私もどんどん利用しよう!」と思った方、ちょっと待ってください。現段階では利用シーンでいろんな制限がありますので注意が必要です。この記事では、まとめてみましたので、ご確認いただきベストな使い方を見つけてくださいね♪。

スポンサーリンク

Picasa とは?

まずおさらいから。

Picasaは2004年に旧Picasa社からGoogleが買収したサービスです。同名のアプリケーションがWindows用、Mac用に無料で配布されています。写真管理ソフトとして機能も豊富で人気です。

ウェブサービスは「Picasaウェブアルバム」と呼ばれています。Picasa(アプリ)から簡単にアップロードしたり同期(Sync)が可能です。Picasaウェブアルバムは、ストレージ容量1GBまで無料オリジナルサイズがアップロード/ダウンロード可能です。

ストレージ容量は追加でき、20 GB(年間 $5.00 USD)、80 GB(年間 $20.00 USD)、200 GB(年間 $50.00 USD)、400 GB(年間 $100.00 USD)、1 TB(年間 $256.00 USD)、2 TB(年間 $512.00 USD)、4 TB(年間 $1,024.00 USD)、8 TB(年間 $2,048.00 USD)、16 TB(年間 $4,096.00 USD)となっています。(すごい容量まで価格設定がありますね(^_^;)。)

また、PicasaはGoogle+の正式リリースと同時に、Google Photosに改名するとの情報もあります。

何が無制限?

クローズβ版で公開中(既存ユーザーからの招待が必要)のGoogle+からアップロードした場合のみストレージ容量を消費しません。(無料・無制限です。)ただし、アップロードされた写真は2048ピクセルに縮小されます。

Google+Picasaウェブアルバムに「投稿からの写真」というアルバムが自動で作成され、そのひとつ下の階層に、アルバムが生成され、どこに格納されます。

一方、PicasaウェブアルバムやPicasa(アプリ)からアップロードした写真は、ストレージ容量を消費します。私がテストをした場合、800ピクセル以下の写真であってもストレージ容量は消費されました。

また、Google+で生成されたアルバム「投稿からの写真」の中に写真を移動してみましたが、ストレージ容量は消費されたまま。そんなにうまい話はないですよね(^_^;)。

【2011/07/10 5:00 追記】
上記執筆時点では、消費されましたが、Twitterで「2048ピクセルまでだったら、ウェブアルバムからアップしても消費されないよ〜」とご意見をいただきました。
再度調査をしてみると、確かに現在は消費されないようです。タイミング的に私にアカウントだけ適用されていなかったのでしょうか??訂正いたします。
【追記ここまで】

まとめると以下の通り。

  • Google+からアップロードした画像のみ容量無制限
  • 画像は2048ピクセルに縮小される
  • オリジナル写真は保存されない
  • Picasaウェブアルバム、Picasa(アプリ)からアップロードした写真は画像サイズに関わらず容量を消費する
  • 2048ピクセルを超えるオリジナルサイズの写真をアップロードしたい場合はあPicasaウェブアルバムまたは、Piacasa(アプリ)から。(ストレージ容量は消費します。)

     *     *     *

まだ、開発中で正式リリースされていない、Google+ですので、今後この制限は変わる可能性があります。

オリジナルサイズは無駄に大きすぎるため、ストレージ目的でないならば、2048ピクセルというのはいい線だと思います。

Facebookも高解像度の写真に対応しましたが、今後はこのあたりのサイズが標準になるのかもしれませんね。

以上、まとめようと思いましたが、簡潔にまとまっていない記事でした。ごめんなさい……(^_^;)。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin