PostEverが遂に写真対応。ライフログアプリの決定版!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

みなさん、ライフログを記録していますか?

ライフログと言えば、@goryugo さんや @OZPA さんというiPhoneライフロガー範士がいらっしゃいますが、私もライフログを残すのが大好きな一人。

私がライフログとして残したいな、と思っていることは、遊びに行った場所やお店の雰囲気やその瞬間の気持ち、さらには日々変わりゆく街並みを残しておきたいと思っています。

あのお店はいつ行ったっけ?だとか、この建物ていつ頃建ったのかな?など後で見返したときに楽しいかな。と思うんですよね。ライフログ=自分のデータベースなんです。

そんな私のライフログは、おもいっきりプライベートな私の感情やローカルな話題ばっかり。TwitterやFacebookを活用してEvernoteへ放り込めばいいじゃん!と思っていろいろ探してみましたが、どうもしっくりいかない。

私がライフログを取るために重視していたことは次の事項

  • アプリを直ぐに起動、直ぐに投稿できる
  • オフラインでも投稿できる
  • 緯度経度が記録に残る
  • 写真を一緒に投稿できる
  • オンラインサービスで限定公開したい
  • エクスポートが容易
  • iPhoneだけでなくMac、PCからも投稿したい

この条件を考えてまず使い出したのが、瞬間日記(無料)というアプリ。オフラインで動作し、Twitterなど外部サービスとは一切連携しない割り切りに共感し、去年の11月から愛用していました。定期的にメールでEvernoteに送信してデータを活用していました。

しかし、瞬間日記の不満点はやはりエクスポートの面倒さと完全オフラインで私の近況なんかも投稿しても完全に孤独で寂しかったりします(^_^;)。やっぱり限定とは言え誰かに見てもらいたいという思いもあったり。

またiPhone意外では記事を更新できないのでMacを触っているときに思いついたことがあってもiPhoneで入力しないといけないのは意外と不便でした。

TwitterやFacebookへの乗り換えも考えましたが、Twitterは3,200件までの件数の制限があるし、エクスポートが自動化できるサービスが少なくいつサービスが終了するか分からないという不確定要素が多いですし、画像は別サービスを利用しないとダメ。Facebookはエクスポートの位置情報がそれぞれ付与できないし、エクスポートが面倒という点があり、ずっと瞬間日記を使っていました。

*   *   *

そんな私の悶々とした気持ちを一気に解決してくれたのが、(長々と済みません、おまたせしました!)PostEver(230円)です!! 

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.0.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/05/30

iPhoneアプリのPostEverは、アイコンとネーミングの通り、象さん(Evernote)に手軽にエントリーができます。最大の特徴は1日分のメモが1つのノートに集約できる点。

FastEver(230円)も、アプリ起動→速攻メモができるのですが、1メモ=1ノートなので散らかっちゃうんですよね。また写真投稿もできないので、FastEver Snap(230円)の併用が必要だったりします。

1日分のメモが1つのノートになるPostEverがとてもいいな、と思っていたのですが、Ver1.Xでは写真投稿ができず不満でしたが、5月末にVer2.Xにバージョンアップし、遂に写真投稿に対応しました。まさに私にとって神アップデートです!! 

これにあわせ、私も6月1日からライフログツールを瞬間日記からPostEverへ乗り換えました〜。では早速、画面をご覧頂きましょう。

起動画面です。この画面は上級モードなのでTitileやカメラアイコンなどが表示されていますが、通常モードだとテキスト欄と、設定・送信ボタンだけでとってもシンプルです。

こちらが設定画面。設定項目もシンプルでGood。ややこしい設定は特にありません。Evernoteのアカウントをはじめに登録します。

写真投稿したい場合は、カメラアイコンを表示させるために「上級モード」をオンに。

メモごとに挿入する時刻を設定できます。時刻、日付、日付と時刻、なしの4種類から選択可能。

「最新を上」にはTwitterのタイムラインのような雰囲気になります。瞬間日記ではそうしていましたが、ログとして見ると意外と見づらかったのでオフにしました。

「位置情報を自動付加」は当然オンです!(^_^;)。
「保存先ノートブック」を設定します。どこでもOKです。

Ver2.Xから「画像設定」項目が。「送信画像サイズ」を選べます。画面で見ることが中心なのと、送信速度を考えて最大480pxにしました。ちゃんと縦横で長い方が480pxになりますよ。

「ライブラリにも保存」はオン。送信サイズの設定とは別にしっかりとオリジナルサイズで保存してくれます。これは嬉しい。

一点だけ希望としては、写真にも位置情報を付与して保存して欲しかったな〜。次期バージョンアップで激しく希望!!(*^_^*)。

メモを送信したら、象さんアニメが右下に表示されます。「送信中…」と表示されますが、送信完了を待たずに文字を続いて入力できます。これは便利。

オフラインの場合もちゃんと未送信ログとして残ってくれます。オンラインになった時にまとめて送信してくれます。画面では未送信メモが2つあるので、象さんアイコンが2つです。

     *   *   *

PostEverではメモの修正はできませんが、MacやPCからEvernoteアプリで、またはEvernoteウェブサイトで修正や削除、さらには追記も難なくできます。送信後はただのノートなので当然ですが……。この辺の緩さも大好き。

私は保存先ノートブックを限定で共有しているため、URLを家族だけに知らせています。監視されているようなこの緊張感、なかなかいいですよ!(何か違う?(^_^;))

     *   *   *

PostEverをご紹介するつもりが、何だか私のライフログに対する考え方なんかも熱く語ってしまったので長くなってしまいました。すみません。

みなさんもこれを機会に、緩く、簡単に、手軽に、PostEver(230円)でライフログをはじめてみませんか?

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.0.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/05/30

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin