YouTubeのオンライン動画作成アプリ「Stupeflix Video Maker」がお手軽&すごい件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

YouTubeでは少し前に「動画エディタ」機能が搭載され、オンラインでビデオを編集することが可能となりました。自分でUPしたビデオ素材を手軽につなぎ合わせたりカットできたりと、とても便利です。

YouTubeで写真のスライドショーを作れたら便利なのにな、と思っていたら、なんとそんな機能が搭載されちゃいました!!

これはすごいッス!!

「マイ動画」の画面を開くと、上のメッセージが。なになに?うん、もちろん今すぐ試しますよっと。

動画の作成画面が表示されました。「Stupeflix Video Maker」、「GoAnimate」、「Xtranormal Movie Maker」の3つの動画作成ツールがリストアップ。外部のサービスを取り込んでサービスを提供しているようです。(一応、youtube.comドメインの中で画面は展開します。)

今回はこの中から、Stupeflix Video Makerを使ってみたいと思います。Stupeflix Video Makerは、写真から動画を作るツール。いわゆるアルバム動画が簡単に、お手軽に作れちゃいます。

「動画を作成」を押下すると編集モードへ。

3つの動画パターンから選択できます。今後いろんなパターンが増えていくのかな?

「Add Images」で写真の取り込み方法を選べます。ローカルからファイルのアップロードはもちろん、Picasa、さらにはFacebookFlickrから取り込めます。

Flickrから取り込んでみました。Flickrで認証後、SETが表示されます。プライベート写真も問題無く表示されるので、お子さんの写真など非公開のものもちゃんと選択できますよ〜。

写真をダブルクリックしてどんどん選択していきましょう。下のゾーンに写真が表示されていきます。

Add Audioで音楽を設定できます。アップロードはもちろん、すでに準備されたMusic Loungeから選択することも可能。Text to Speechでテキストで話させることもできるのも面白いですね。(英語のみ)

Add Moreではタイトルや地図、任意のトランザクションを設定できます。

こんな感じに作っちゃいました。ここまで製作時間約3分。このブログ記事を書く方がよっぽど時間がかかっています(^_^;)。

準備が出来たら「Publish to YouTube」をクリック! 

FREE版(360p、1分まで)か、Premium版(3ドル:360p、5ドル720p)を選択できます。逆に1分くらいの方が飽きなくていいかも。そういう意味では時間無制限の360pというよりも画質有線で720pを5ドルで作った方がいいかもです。

「Export」をクリックすると変換が始まります。

後はひたすら待ちましょう〜。

たったこれだけのステップで次のような動画が出来ちゃいました。すげ〜!!興味がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

SAMPLE -1-

SAMPLE -2-

動画のはじめに「Sample Movie」と入れてみました。

最後にTipsを。

YouTube版のStupeflix Video Makerは、作成した設定情報を保存できません。動画の変換実行後に微調整をしたい場合は、一からの作り直しとなります。これは注意が必要ですね。

作成した動画の設定情報を残しておきたい方や、有料プランを定額で支払いたい方は本家のStupeflix Studioを使ってみては如何でしょうか?

360pの動画を時間無制限で作られるプランが29ドル/年、720pの動画を時間無制限で作られるが49ドル/年となっています。1年間に10本以上作られる場合はこちらに加入する方がお得ですね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin