Google Appsを移行した後、Googleアカウントと併存できなくなった場合の対処方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2010年11月にGoogle Appsのすべてのドメインで新しいアカウントインフラトラクチャに移行できるようになりました。移行することで他のGoogle AppsアカウントでGoogleの多くのサービスを利用できるようになります。

私は通常のGoogleアカウントの@gmail.comとGoogle Appsのドメインとふたつをメインで使っているので、ブラウザ上でタブを2つ開き受信トレイを表示していたのですが、困った問題が。

Google Appsの移行が完了すると、Google Appsアカウントにログインしているときに、同じブラウザで別のGoogleアカウントにログインできなくなるのです……。

以前は、Google AppsアカウントはGoogleアカウントとは別のCookieで管理していたため、同じブラウザ内でGoogleアカウントとGoogle Appsアカウントの両方にログインできていたのです。

Google Appsアカウントが移行されると、Googleアカウントと同じように機能するように仕様が変更されています。標準のGoogleログインCookie が使用されるため、ログインは一度に1つのアカウントに限られるため、同時にログインできなくなったのです。

このため、GoogleアカウントとGoogle Appsを毎回、ログアウト、ログインをして切り替える必要があります。これはとても不便!!と、言うことで対応方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

対処方法

これまでGoogleアカウントは複数利用することはできませんでしたが、最近、毎回ログオフすることなく、ブラウザで簡単にGoogleアカウントを切り替える事ができるようになりました。

マルチログインしたいアカウントでログインし、マルチログイン設定ページで、マルチログインを「有効」にし保存します。これで、Googleアカウントと、Google Appsアカウントを簡単に切り替える事ができるようになります。

しかし、毎回切り替えるのが面倒。そこでブラウザでタブを複数起動し、そこでGoogleアカウントとGoogle Appsアカウントを表示させてみましょう。Gmailでは混在することなく利用することができました。(同じCookieを使っているためうまく動かないはずですが……。)

一手間増えてしまいますが、これで以前と同じように利用することができるようになりました。恐らくこのような利用方法をされている方も多いと思うのですが、もっと簡単に切り替えや併存ができるといいんですけどね〜。

関連情報

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin