今更ですがイメージした有名人を当てる、iPhoneアプリ「Akinator」にはまっている件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

かなり乗り遅れた感がありますが(笑)、話題になっていたiPhoneアプリ、「Akinator」(230円)で遊んでみました。

Akinator」は、プレイヤーが予想した、有名人やキャラクターをランプの魔神「Akinator」が言い当てるというまるで、心の中を見透かされたような不思議な感覚になる、子どもたちに人気で、そして大人通しでも飲み会などでワイワイ受けがいいアプリです。

230円の有料アプリですが、じゅうぶんに楽しめますよ♪。ちなみに、Akinatorのウェブサイトでは、無料で遊べるので興味がある人は、一度やってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

遊んでみた。

実際に遊んだところを画面キャプチャに撮ってみました。今回はあるアニメに出てくる有名キャラクタをイメージしてみました(^_^)。

メニュー画面。なんともシンプル(^^;)。「プレイ」をタップして始めましょう!

Akinatorの質問内容に「はい」「いいえ」「たぶんそう」「たぶん違う」「分からない」の5つから答えましょう。一つ目はだいたい、性別を聞かれます。今回イメージしたのは、男性なので「はい」と。

実在しないので「いいえ」と。

毛は白いので「いいえ」。

Akinator悩んでる?(^^;)。年齢は分からないので「たぶん違う」と。

闘わないっす。「いいえ」。

耳はもちろんあるので「はい」と。

動物なんですよね、「はい」。

ディズニーに全く関係ありません。「いいえ」。

犬じゃないっす「いいえ」。

茶色じゃないっす。「いいえ」。

猫です。「はい」。

白いんです。「はい」。ここでかなり絞られた?(^^;)。

猫なんで四本足で歩きます。「はい」。ここでキャラクター系かと切り分けができたかな?

二文字なんですよね、「はい」。かなり絞り込まれたね。

まだまだ現役で番組に出てます、「はい」。

日本のアニメに出てますよ、「はい」。最後にとどめの確認ですね。

答えが出ました〜!!サザエさんのタマです♪大正解〜!!正解だったので「はい」をタップ。

大喜びのAkinator。2317人の人がイメージしたようですね♪。

今回も大正解でした。だいたい7割くらいで正解をしています。一発で正解しない場合でも続けて質問に答えることでさらに2割は正解に導かれます。合計9割ほどが正解するかな。

Akinatorの詳しい技術は偉い人にお任せするとして、質問をすることで絞っていくことで膨大なデータベースから人物を割り出すというものですが、その質問が的確で効率よく絞り込んでいる様子がよく分かります。

よく似た境遇の人がいると正解率が下がったり、肝心な質問(例:髪の毛は何色?子どもがいますか?)で間違ってしまうと正解に至らないことが多いので、答えに自信がない場合は「たぶんそう」「たぶん違う」を選択するといいようです。

答えに導かれなかった場合でも、最後にユーザーで正解を登録することができるのですが、この行為でデータベースがさらに充実するようになっているようですね。これは凄い仕組みですね〜。利用者が増えれば増えるほど精度が高まるなんて素晴らしいです。

このアプリは、久しぶりにハマりました(^^;)。おもしろいので、興味がある人はぜひ試してみてくださいね♪

Akinator 1.4.1(¥230) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Akinator 1.4.1
カテゴリ: エンターテインメント
価格: ¥230 App
更新: 2010/10/07

imagesimages

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin