Gmailでついにスレッド表示をOFF可能に!その意外な効果とは?

この記事がおもしろかったらシェアしてね

高機能で柔軟な機能追加を繰り返してきた、Gmailですが、Googleが頑なに仕様変更をしてこなかったのが「スレッド機能」。スレッド機能は関連するメール記事をひとまとめにしてくれる便利で高機能な機能なんですが、これまで他のメールソフトを使ってきたユーザーには不慣れで見にくいという意見も多かったのも事実で、スレッド機能が嫌いなのでGmailを使わない!という人もいるほどです。

しかし!Googleは9月29日にスレッド機能の有効・無効機能を搭載してくれました!!
「設定」→「全般」からスレッドビューのオン、オフの設定ができます。

オフに設定をするとスレッドが解除され普通のメールソフトのように時系列に並ぶようになります。おお〜これは凄い。(スレッドにしない方が簡単なのにこれに感動を覚えるなんてなんという贅沢(^_^;)。)ただ、現時点ではiPhone用のGmailではスレッド表示は解除されませんでした。対応待ちかな?

このスレッド表示オフ設定ですが、初心者やスレッド嫌いのユーザーに嬉しい機能なのはもちろんな事、実はもう一つの嬉しいと思うユーザーがいるでしょう。それは他メールソフト、メールサーバからの移行組です。

ExchangeやIMAPからの移行組はメールデータを移行しますが、これまでのスレッド表示では少々難儀なことがありました。例えば、1,000件のメールデータを移行した場合、インポート後に自動的にスレッド表示されますが、メール一覧の下に表示される件数ですが、スレッド表示されたメールはまとめてカウントされちゃうのです。(10件のメールがひとつのスレッドのまとめられたら1件のメールと表示される。)

そのため、移行したメールデータが全件正しくインポートされたか、確認ができないんですよね〜。これがA型の私にはストレスでした(^_^;)。1,000件のメールを移行したのに948件とかになるんです。うーん気持ち悪い(^_^;)。これがスレッド表示をオフにすればちゃんと1,000件と表示されるようになります。

   *     *     *

Gmailを使い始めた当初はスレッド表示に違和感を覚えていましたが、すっかり慣れてしまったので私はこのままスレッド表示をONにするつもりですが、今回のOFF設定の搭載は、初心者の取り込みと、他社のユーザーをスムースに取り込める点では大きな機能改善だと思います。

これで、Gmailには死角がほとんど見つからなくなったように思います。まだまだ進化するGmail。次はどんな機能が搭載されるのでしょうか?

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. striderkein より:

    貴重な情報をありがとうございます。
    iPhoneでOFFできないとのことでしたが、iPhone自体のスレッド表示設定をOFFになさいましたでしょうか?

    • ひとぅ より:

      コメントありがとうございます。
      「iPhone自体のスレッド表示設定をOFFになさいましたでしょうか?」なのですが、お恥ずかしいのですが、どの部分か分かりません。(操作方法が分かりません。)
      どこにiPhoneのスレッド表示設定があるか教えていただけますと幸いです。

  2. 山本 昇 より:

    Yahooメールの下書はメール送信後も保存されるテンプレートですが、gmailでは無くなってしまいます。保存する方法はないものでしようか?

    • ひとぅ より:

      下書きのメールは送信後、消えるのがGmailに限らず一般的なように思いますが、Gmailでは「下書き」とラベルをつけておくのはいかがでしょうか。
      そのメールをコピーしてメールを書くとかはいかがでしょう?

Highslide for Wordpress Plugin