Xmarksが2011年1月10日閉鎖される件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

突然のニュースに驚かれた方も多いのでは無いでしょうか?私もその驚いたひとりです。Firefoxをメインに使っている時に、「Foxmarks」の名称の時から愛用をしています。OSやブラウザの種類に関係無く、ブックマークを共用できるのは便利でした。突然、2011年1月10日停止とは……。あまりにも突然で残念でなりません。

Xmarksのサービス停止の理由は資金ショートで、数ヶ月間、買収先を探したが残念ながら見つからなかったという事です。200万人ものユーザーがいるサービスが突然のサービス停止は混乱を招きそうですね(T_T)。

私は常々無料サービスのサービス終了時のデータ及びサービスの移行の重要性をお話しをしていますが、またまた今回も同じです。ブックマーク自体は各ブラウザに登録されているのでデータのエクスポートは不要です。ただ各ブラウザ間の同期ができなくなるだけ、なので影響は少ないと言えます。しかし今回の場合は、サービスの代替え策が今のところ無い、という点が大きいです。

前述の通り、Xmarksの評価が高い理由は、OSやブラウザに関係無く、それぞれのブラウザのブックマークの操作方法を変えずに裏方として自動で同期をしてくれるのがいいのです。残念ながら他のブックマークの同期サービスは、OSに限定があったり、ブラウザに限定があったりといろいろと制限があります。

今後、Xmarksがどのようになるか現時点ではまったく分かりませんが、いくつかのパターンが考えられます。

  • 2011年1月10日に完全閉鎖(現在はこの予定)
  • 他社に買収、サービス継続(非常に困難な状況)
  • 有料サービスに移行(同期サービスだけにいくら払う?と聞かれると疑問)
  • オープンソースとして公開、サーバは自身で準備

閉鎖のニュース後に「有料でもサービスを使い続けるよ!」というユーザーの声が多く届けられたらしく、年間10ドルを支払う意思のあるユーザーを募っているようです。10月15日までに10万人が目標らしく現在は10月3日6時半現在16,000人。10万人は何とか集まるペースですが、実際に有料サービスになった場合、どのくらい集まるかはこれまた微妙でしょうね。

試算では2%程度として200万人の2%で年間40万ドルとしているようです。しかしXmarksの運用維持に年間90万ドルもかかるのだとか……。(しかもこれまでに900万ドルも投資済みだとか凄すぎ……。)

このような状況で可能性としては、Googleなどが買収しGoogleアカウントなどの既存アカウントと統合してサービスを継続するパターンしか残されていないと思います。

現実的にブックマークの同期サービス一本で有料化は厳しいでしょう。私なら年間10ドルは払えないです。セコイようですが、いろんなサービスの中にブックマーク同期サービスがあれば有料でも納得もできますが、これだけ、となると5ドル以下が相場かな、と。年間維持に90万ドルもかかることを考えると厳しいでしょうね。

このまま本当に閉鎖をしてしまうのならば、ぜひオープンソースで公開していただき、有志による機能拡張とサーバを準備することによるサービス継続の可能性も検討して欲しいと思います。

以上、長文になってしまいましたが、無料サービスの終了のニュースを見る度にいろんな事を考えてしまう私でした(^_^;)。みなさんは、Xmarksを使っていますか?今後、どのようにされる予定ですか?私も現在、検討中です。いい案がありましたら、ぜひ教えていただけると幸いです(^o^)。

スポンサーリンク
Xmarksが2011年1月10日閉鎖される件
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin