バッファローのLS-W1.0TGL/R1を購入

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20080127_200000.jpg
以前から気になっていた、家庭用NAS、LS-W1.0TGL/R1(バッファロー)を購入しました。

お値段は40,799円。NASでこの値段は本当に安い。
デジカメ画像がどんどん溜まってパソコンのHDDを圧迫していました。
RAID1を設定し、500GBの容量で使っています。

2つのハードディスクに同時に書き込むので一方のHDDが故障してもデータを消失しません。これがRAIDの素晴らしいところですね。
でも、同時にクラッシュしたら?RAIDコントローラーが故障して、2つとも読み取れなくなったら??なんて心配性の私は考えてしまいます。

そこで前に持っていた外付けUSB接続のHDDをLS-W1.0TGL/R1に接続。
定期的にバックアップを取ることにしました。

過去7年ほどのデジカメやビデオの動画を全部突っ込んで100GB弱。
移行にまるまる1日掛かりました。容量の肥大化で移行や復旧に莫大な時間が掛かるようになりましたね。今後はこの辺が課題になりそうです。

ちなみに、外付けHDDはFAT32でフォーマットしておきます。
RAIDが故障した際にHDDをパソコンに接続しデータを読み取れるためです。
ただ、FAT32でフォーマットした場合、RAID経由でHDDが見えますが読み取り専用となり、書き込みができません。(用途はバックアップ専用となります)

この辺に注意が必要ですが、書き込み・読み込み速度もそこそこ出ていて総じて満足しています。この価格帯でこの機能を提供してくれたバッファローに感謝です!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. ひとぅブログ より:

    LS-W1.0TGL/R1バックアックモードについて

Highslide for Wordpress Plugin