家庭円満のためのiPad活用術【序章】

この記事がおもしろかったらシェアしてね

5月29日に日本で発売になったiPad。数ヶ月品薄状態が続いてましたが、最近ようやく入手しやすくなってきました。

新しいモノ好きの私は当然(?)発売日当日にゲットしたのですが、これまでブログでiPadネタの記事は、開封の儀やファーストインプレッションを書いただけでiPadアプリの紹介は一度もしたことがありませんでした。

それは何故か?

それは、これまで嫁や子どもにiPadを占領されていたから。

これ、マジです。新しいモノ好きの私ですらろくに触らせてもらえなかったiPad。すっかり我が家のIT機器としてテレビ、携帯電話と同等の扱いを受けていますよ。はい。

実はこれまでにいろんな試行錯誤がありました。一番安価な、Wi-Fi16GBタイプのiPadを買ったとはいえ、48,800円の家計からの出費。まずは嫁さんに納得をしてもらわなければなりません。だって嫁のiPadを買うことを相談したときの感想(反応?)が、「何でもう一つ、でかいiPhoneなんかいるの?」だったんですよ〜。敵は手強いです。

私はiPhoneは外出先で、自宅(リビング)ではiPadを。という利用シーンをイメージしていたので、iPadはノートPCに取って代わる存在であると考えていたのです。嫁には如何にノートPCより便利なんだ!という事を実感させる必要があったのです。

ここで白状すると、私もiPadを購入した時点では果たしてノートPCの代替えになるか正直不安でした(^_^;)。結論を先に行っておきますが、iPadはノートPCの代替えにはなりませんでした。しかしノートPCではできなかった事ができる、より便利な事ができることが使っているうちに分かってきたのです。

そう、iPadはノートPCの代替えとなるプロダクトではないのです。ノートPCとは違った喜びと感動を味わえる新しい経験ができるプロダクトだったのです。我が家では普段はiPadを使い、ノートPCにしかできないことはノートPCでやる。と棲み分けをしています。

何だかこう書くと難しいように聞こえますが、日常生活でこれまでノートPCでやっていた事の多くはiPadでできてしまうのです。しかもノートPCでは起動時間という無駄な時間がかかっていたのがiPadでは不要でパッと見てパッと終わる。これがiPadの最大のメリットと言えるでしょう。

嫁が言うには、「ノートPCは起動に時間が掛かるのでせっかく立ち上げたら、じっくりとインターネットを見てしまう」のだそうです。言うならばiPadは起動時間もその後の時間も無駄にしない、魔法のプロダクトという事ですね(ちょっとオーバーに言い過ぎた(^_^;))。

最後にiPadを利用する上で予め知っておくと良い点をまとめておきますね。

  • iPadはパソコンの代替えにはならない
  • 普段パソコンでやっていることの大半はiPadでもできる
  • iPadでできないことはパソコンでやる(棲み分け・使い分けをする)
  • iPadの起動・終了の速さは作業時間の短縮に有効

今回は「家庭円満のためのiPad活用術」として3部構成でお届けしたいと思います。まずこの記事は「序章」としてお送りしました。「嫁編」、「子ども編」では実際に利用したアプリをご紹介します。こちらの記事も併せてどうぞご覧下さいませ。

スポンサーリンク

家庭円満のためのiPad活用術

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin