中国市場に変化が?「パクリ版iPad」が売上不振だとか。

スポンサーリンク

中国でパクリ版「iPad」が売上不振、正規品買う風潮が高まる―英メディア(Record China) – Yahoo!ニュース via kwout

中国のコピー製品の酷さはあまりにも有名ですが、今回の「パクリ版iPad」は少しだけ市場は違う反応のようです。なんと売り上げが不振なんだとか。「少しくらい高くても性能のいいものを買う」という風潮が出てきた。と記事には書かれていますが、これが本当ならば中国にとって大きな前進です。

ヒット商品が生まれれば類似製品が登場するのは、世界のどこでも起こることですが中国の場合は露骨に「コピー製品」が出回っているわけで、知的財産権や著作権などもろもろの権利は完全無視。これはお国柄。と片付けられる問題ではないのですが、半分諦めという面があったのも事実。

中国は今や世界最大の市場であり今後も高い成長を続けるでしょう。高いレベルの教育を受けた優秀な人材も出てくる頃でしょう。そう言う意味でも今後は自国が世界に発信するモノを作り出せるか、が中国に課せられた次のステップです。果たして何年後にそれができるか?最近、中国を見ていてそんなことを考えるのでした。。。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ