iPadの企業導入が進むか。一番のネックは販路&サポート?

スポンサーリンク

社内会議すべてiPad ベスト電器、資料流出も防止(産経新聞) – Yahoo!ニュース via kwout

iPadが日本で発売後、その操作感から「企業でも使える」と注目が集まっています。ベスト電器の他にもいくつかの企業や学校などが導入を検討・決定したと報道されていますが、実際のところ一番の課題は、販売方法とサポートかな、と思ったりします。

ご承知の通りアップルは4月から販路を絞っています。その理由はいろいろ噂されていますが、現状では法人が簡単にアップル製品を買うことが難しくなっているのも事実。特にiPadに関してはかなりの制限がかかっているのが現状。

iPad、iPhoneが法人へ食い込むために一番のネック・リスクは実は自分自身なのかもしれませんね。この点はぜひ改善して欲しいと思います。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ