アナログ画面の比率も16:9の時代に。

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2011年7月の地上デジタル放送に完全移行を前についにアナログ放送も16:9に比率を変更するとのこと。1年前の今年にはこのような対応が発表されるだろうと思っていたので、やっぱり、という感じ。

これまでは4:3の映像を前提にしているので、天気予報など文字情報は画面の両隅を利用できませんでしたが、16:9に比率を変更することで有効に利用出来るようになりますね。

我が家には3台あるテレビのうち地デジ化されたのは1台だけ。世帯普及率はずいぶん上がってきたと思いますが、地デジのテレビは家に1台だけ、というところも多いのではないでしょうか?

16:9になるのは時代の流れで分からないではないのですが、最近、気になっているのはアナログ放送のテレビで見えない、読めないほど小さな字幕スーパーが増えてきたこと。16:9化でさらに画面サイズが小さくなってしまうので、この点は十分配慮して欲しいですね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin