ウィルコムが会社更生法申請。通信業界再編成へ

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2月18日、ウィルコムがついに会社更生法を申請しました。通信業界は華やかな反面技術革新が早く、莫大な設備投資が必要で数年周期で再編が行われてますが、PHSの巨人、ウィルコムまでがついに会社更生法を申請するまで追い込まれてしまったのは非常に残念でなりません。

ウィルコムは、官民共同出資の企業再生支援機構の支援を受ける見通しだ。機構の幹部は、「公益性が高く、利用料の固定収入が見込めて事業の再生可能性も高いため」と支援の理由を説明する。PHS端末は出力が小さいため、携帯電話が使えない病院で利用できることや、PHS利用者が約424万人もいて、サービスがなくなれば混乱が避けられないことを考慮したとみられる。
エコナビ2010:ウィルコム、更生法申請 携帯に追い詰められ 設備投資重荷に ? 毎日jp(毎日新聞)

現状のままでは再建の道は厳しいのは明らかです。PHSなりのメリットを活かした身丈にあった経営戦略をとってもらいたいものです。私も一時期PHSを利用していた時期もありますが、通信速度の遅さは今からでは到底太刀打ちできません。安定性・価格・出力が小さい事を武器にニッチな市場向けにサービスを続けてもらいたいものです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin