Googleリーダーが一般のウェブページも購読可能に!

スポンサーリンク

Google Readerが、RSSフィードに対応していないホームページも自動的にフィードを生成する機能を搭載しました! 現時点では英語のみの対応なのでこの機能を利用するには言語をEnglishに変更する必要がありますが、近いうちに日本語にも対応してくれるでしょう。

RSSフィードに対応していないウェブページもGoogleリーダーで購読できるのはとても便利です。例えばiPhoneのページ(http://www.apple.com/iphone/)を登録しておけば、新しい情報が掲載された時など自動的にフィードを作成してくれるので、情報を逃さずにキャッチできる可能性が高まります!(もちろん、そのRSSフィード自体見逃しては意味がありませんが……。)

Googleはあらゆる新技術を投入していきますね?。ChromeOSが完成する頃には追随を許さない環境が整っていそうな予感……。楽しみなような怖いようなある意味怖いような……(^_^;)。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ