Twitterのつぶやきは3,200件までしか遡れません。

スポンサーリンク
2009年はTwitterの知名度が一気に向上し利用者が増えましたね?。日に数十のつぶやきをしている人は1,000や2,000を超えてきたのでは無いかと思います。そんな方に特に知っておいてほしい仕様があります。

Twitterでは過去のつぶやきをさかのぼって閲覧することができますが、過去3,200件以前のつぶやきは閲覧できません。これってTwitterでは有名な仕様なのですが、始めたばかりの人には意外と知られていない仕様だと思います。

ただ、3,200件以前のつぶやきは遡れないだけで、つぶやきが消えることは無く、個別のURLにアクセスすると3,200件以上前のつぶやきでも、ちゃんと表示されます。

ちなみに私の記念すべき一回目のつぶやきはこちら(*^_^*)。現在、6,700件つぶやいてますが、ちゃんと表示されますね。

「3,200件以上のログを遡れないなんて嫌だ?」という方にはログを保存してくれるサービスの利用をオススメします。ログ保存サービスはいろいろあるのですが、Twilogがとても使いやすくて、私も愛用させていただいてます。

TwilogはTwitterの認証を済ませると後は定期的に巡回しログを収集してくれるので手間いらずです。Twilog内できれいに整理して検索機能はもちろん、見やすい形式に整形してくれます。全ログをダウンロードすることもできるのでとても安心です。

TwilogもTwitterの仕様の都合で取得できるのは過去3,200件のつぶやきまで。ぜひ早めにTwilogを利用されることをお勧めします。

説明が冗長になってしまいましたが、まとめると次の通り。

  • Twitterは3,200件以前のつぶやきはさかのぼって閲覧できない
  • つぶやきのログは残っているのでURLに直接アクセスすると表示される
  • 過去ログを残したい場合は、Twilogなどの保存サービスを利用する

すでに3,200件以上つぶやいてしまっている方は、残念ながら現時点では遡って閲覧したり、ログを保存することはできませんが、今後この制限が撤廃されることを期待したいです。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ