【レビュー】iPhone 6シリーズの落下防止&角傷防止を考え抜かれた「Palmo」は裸族の私をうならせた!

DSC04317.JPG

私はスマートフォン、タブレットをケースに付けずにそのまま使います。いわゆる「裸族」です。ガラス面のみガラス保護シートを貼るのですが、得にiPhoneの場合はデザイン重視なためわざわざ隠すケースなんてとんでもない!と考るのです。

しかし、iPhone 6になりその考えに若干”悩み”が生じているのも事実です。何といってもiPhone本体が滑りやすいのです。一度持ってしまえばまだマシですが、持とうとする時に本体の角は丸みがあり、素材がアルミなのでとにかく滑りやすい。

実際に滑って落としてしまった人を何人もこの目で見ています。かくいう私も何度か落としているんですよね。

そんな強がりの私にピッタリな商品、「Palmo 落下防止シリコンケース」(2,268円〜3,024円)を今回は使ってみたいと思います!!

名前の通りPalmoはもっとも恐ろしい、「落下を防止」することを主な目的としたケースです。とても人気が高い商品なので期待が膨らみます。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC04318.JPG

こちらがパッケージです。ひと目みただけで利用シーンが分かる素晴らしいパッケージですね。なんと2015年グッドデザイン大賞を受賞しているようです。

DSC04320.JPG

パッケージ背面に商品特徴が書かれています。「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」。オーガニック立体カーブを採用した人間光学設計なんだとか。

Palmoの由来は「Palm(手のひら)+Mobole(モバイル)=Palmo(パルモ)」だそうです。ナイスなネームセンス。

DSC04323.JPG

パッケージ内部に指の入れ方、使い方が書かれています。この操作がPalmoの最大の特徴だったりします。

DSC04324.JPG

これが本体。シリコン製なので柔らかいです。単体では自立しないほど。

DSC04325.JPG

裏からみるとこんな感じ。

DSC04327.JPG

内側をみておきましょう。きれいな処理がされていてiPhoneにフィットしそう。またバリなどもないため、iPhone本体に傷がつく心配もなさそうです。

DSC04329.JPG

下はこんな感じ。

DSC04330.JPG

底面。

DSC04331.JPG

カメラレンズ部です。

以上、開封の儀でした。

iPhone 6sで使ってみた

DSC04332.JPG

iPhone 6sに取り付けてみました。違和感なし。いい感じです。

DSC04334.JPG

後ろから見るとこんな感じ。前面をふさがないのがいいですね。

DSC04336.JPG

平らな机などに置いて角を押してもがたつきはほとんどありません。

DSC04337.JPG

背面を下から見るとこんな感じ。

DSC04341.JPG

カメラレンズ部とフラッシュ部はしっかり開口しているので映り込みはありません。Appleロゴももちろんふさがず開口しています。

DSC04342.JPG

iPhoneのロゴもしっかり見える!iPhone 6sユーザーにはここ重要です。(笑)

DSC04343.JPG

底面はスピーカー、Lightnig端子部、イヤホンジャック、マイクなどしっかり穴が開いています。干渉も無し。

DSC04340.JPG

側面のスイッチ、音量もこの通り。干渉無しです。

DSC04344.JPG

ストラップホールもあります。まさに至れり尽くせり。

DSC04345.JPG

シリコンケースの中に中指を入れてホールドするという斬新なアイデア。予想以上にホールド感が素晴らしいです。バンカーリングも好きですが、バンカーリングはリング内で遊びがあるのですが、Palmoは遊びはなく、どの角度で持ってもしっかり固定されます。

DSC04346.JPG

片手でフリック入力もできました。安心して片手でフリック入力ができる環境がiPhone 5s依頼久しぶりに帰ってきました。

以上、iPhone 6sで実際に使ってみた感想でした。

PalmoのここがGood!

  • しっかりと角、裏をガード
  • バンドのおかげで落下の心配がなくなる
  • いろんな体制で使える

何といってもシリコンケースなので本体の裏や角をしっかりガードしてくれます。裸族の場合、机の上にそのまま置くと裏に細かい傷が付くのが気になりますがその心配もなくなります。

バンドを中指にかけると落下の恐れがなくなり、さらに寝転びながらでも使えるのが便利だと感じました。

Palmoのここがうーん

  • バンドがキツくて長時間利用すると中指が痛くなる

最大の特徴のバンドですが、まだ新しいからでしょうか? 長時間使っていると指が痛くなるのが玉にきず。しっかり固定するためこのキツさは必要なのかもしれませんが、しばらく使ってみて熟れるか様子をみたいと思います。

さいごに

一般的なシリコンケースは本体前面をガッチリカバーするものが多く、もっさり感があるのですが、Palmoは斬新なデザインで目を引きます。AppleマークやiPhoneの文字がしっかり見えるし、本体のカラーも損なわないデザインになっています。

さらに落下防止の工夫もされているため人気なのも納得できます。価格も3,000円前後と満足感のある価格設定だと感じました。

今回は白色のケースなので長期間利用した時、どんな風に「汚れ」るのかが気になる点でもあります。この点はしばらく使ってみて不具合があれば報告記事を書きたいと思います!

気になる方はぜひチェックしてくださいね!

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】iPhone 6シリーズの落下防止&角傷防止を考え抜かれた「Palmo」は裸族の私をうならせた!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin