【レビュー】リクルートの新サービス「勉強サプリ」を試してみた→これはいいかも!

IMG_6422

テレビCMで知った、勉強サプリ
。受験生を対象にした「受験サプリ」を一般学習にも展開したオンライン学習サービスとなります。

「サプリ」という名称からドリルなど基礎学習を徹底的にやるサービスと想像しましたが、実際に使ってみてその印象は大きく変わりました。

「勉強サプリ」を試してみたので今回はご紹介します。

【勉強サプリ】成績アップの、新常識。│リクルート

スポンサーリンク

勉強サプリとは?

Untitled

大手出版社リクルートが3月2日にサービスを開始したオンライン学習サービス。月額980円(税別)で小学4年生から中学3年生までに対応しています。

利用環境はパソコンやタブレット。各教科で先生の動画による授業があります。1授業45分程度で10分〜15分のチャプターに分かれており、1学年20〜30授業もあります。

PDFのプリントを印刷して学習することもでき月額980円で充実した内容といった印象です。

勉強サプリを実際に使ってみた

Untitled

3月末までに登録をすれば、1ヶ月間無料で利用可能。登録日から1ヶ月間利用できます。3月3日に登録したので4月2日まで無料。4月3日に1回目の課金となり、それまでに解約すればお金は一切かかりません。

登録は、1.リクルートIDの登録(親用アカウント)、2.子どもの登録、3.クレジットカード情報の登録の3ステップ。簡単です。

個人情報も必要最低限で済みます。学校情報を登録しておくと教科書が自動で選択されていたり気が利いてます。

早速、子どもたちは食いつき、学習を始めました。4月に中1になる息子は授業のビデオの食いつきはなかなかのもの。ノートにメモをとりながら授業を受けていました。

小4の娘はただ一方的に流れる動画は詰まらなさそう。時々動画に向かって突っ込みを入れてました。(^-^)

授業の後には苦手克服のドリルで自分のものにするという流れ。小学生限定で日々の学習内容を保護者にメールで送られるレポート機能もあります。

勉強をすることで溜まる勉強ポイント(BP)でキャラクターを育てるという遊び要素も忘れずにあります。この辺は最近の標準機能ですね。

勉強サプリのここがGood!

  • 月額980円で動画による授業学習が可能
  • 授業のコマ数が多い
  • 間違いやすいポイントを抑えた授業とドリル
  • ドリルはPDFでダウンロード、印刷可能
  • パソコン(Windows、Mac)、タブレットでも学習可能
  • 勉強ポイント(BP)を貯めて育てるキャラクターがいる

この内容で月額980円なら安いという印象。ビデオの充実とドリルの量は満足できると思います。一方で多すぎてお腹がいっぱいにならないか逆に心配かも?(^-^)

特に動画による授業はこれまで経験したことがないのですが、やはり理解度が高まります。ドリルの量も充実しているし、紙に印刷できるのもポイントが高いです。

インターネットのいいところと紙のいいところをうまく組み合わせた例といえそうです。

また、パソコンでもタブレットでも使えるのは便利です。利用環境が広いと裾野が広がるので運営の安定化がはかれるのもよろしいかと。

勉強サプリのここがうーん

  • 買い取り価格でなく学習期間課金される
  • 動画の画質が低め
  • 保護者の管理画面で子どもの学習状況を確認できない
  • 中学生は学習状況のレポートメール機能がない
  • 教科書が手元にないと分かりにくい時がある

コンテンツの買い取りではなく受講中課金されるビジネスモデルなので毎月980円が課金されます。まぁこれは理解して受講してますが、注意点、ということで。

授業の動画は独自プレイヤーで再生しますが、画質が低め。3日の夜は途中で止まることもありました。デモ画面はYouTubeなのできれいな画質ですが、実際の授業は違うので注意が必要です。コンテンツ保護のためだと思いますが、利用者が増えたらしっかりと回線増強をお願いしたいところです。

レポート機能もまだまだ機能不足。ベネッセのチャレンジタッチでも不満だったのが、「子どもの学習状況、理解度が分かりにくい」という点。小学生限定でメールでレポート機能がありますが、こらも不十分。保護者の管理画面でいつでもリアルタイムに、多角的な分析がしたいところ。これからに期待。

さいごに

昨年から家庭用学習教材でもタブレット学習が本格化し、今年はさらに手軽に学習できる領域に広がりを見せてきました。わが家ではベネッセを中心にいろいろと試してきましたが、やはり「紙の学習は大切」と思いました。

デジタルと紙のいいところを補完する形が理想とされるところだと思います。今はまだデジタルだと何度も学習できる、音と動きで理解しやすい。学習記録を親にメールといった程度したデジタルの優位性を活用できていません。

ジャストシステムのスマイルゼミではオーダーメイド型定期テスト対策の機能がなるなど今後、「個」の学習が注目されるようになるでしょう。

リクルートの勉強サプリ、ベネッセのチャレンジタッチ、BenePoを試してきましたが、まだ帯に短したすきに長しといった印象。メインの学習教材として受講するのではなく、補完的な位置づけとして活用するのがいいように思いました。

勉強サプリはその中でもかなり良くできていると感じました。3月末までは無料で1ヶ月間試用できるので気になる方は、利用してみてはいかがでしょうか?

【勉強サプリ】成績アップの、新常識。│リクルート

スポンサーリンク
【レビュー】リクルートの新サービス「勉強サプリ」を試してみた→これはいいかも!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin