【レビュー】お米をといだあとの水切りに「イタザル」が最適!

DSC08850.JPG
調理器具に一風変わった「水切り」が発売(発明?)されました。見た目は斬新。ボールや鍋に直接付けて水を切る板なので、イタザル(1,780円)。何ともストレートなネーミング。嫌いじゃないです。

LEBOWSKIさんから商品をご提供いただきましたので、実際に使ってみたレポートをさせていただきます!!

スポンサーリンク

開封の儀

DSC08853.JPG
「ITA ZARU」と画かれたパッケージ前面。商品には「ITA」と大きくデザイン。あれ?「ZARU」は??

DSC08854.JPG
裏に利用可能な鍋やボールのサイズと使用方法が書かれています。17cm〜22cm、厚さは2cmまで。20〜200℃まで利用できます。

DSC08858.JPG
商品を取り出すと、適用範囲が大きく書かれていました。ここが一番重要ポイントと言うことですね。

DSC08859.JPG
イタザル本体です。材質はナイロン。よく見れば見るほど変わった形です。

DSC08862.JPG
この、微妙なカーブがどんな器具にもフィットするポイントなんでしょうね。

DSC08867.JPG
真横から見ると薄さは1cmもありません。外周は硬くて容器にフィットする穴の部分だけが柔らかい材質です。

ざっとはこんな感じでしょうか。以上、開封の儀でした。

イタザルをいろいろ使ったみた

いろんな形の容器にフィットすると言うことですが、本当? セットは簡単? 水をしっかりと切れる? などなど、実際に使って検証をしてみました。

ボール+キャベツ

DSC08871.JPG
まずは、キャベツから。炒め物に使うため、量が多くなっています。

DSC08874.JPG
ガチャン!! しっかりとボールにフィットしました。

DSC08879.JPG
ボールを傾けると水だけが外に流れ出します。

DSC08880.JPG
ただ、野菜の量が多い場合は、ボールの大きさに注意が必要になりそうです。ボールが小さいと具材が出てしまうため、しっかりと傾けることができず、最後まで水が切れないです。

DSC08886.JPG
少量だとしっかりと切れます。

DSC08890.JPG
炒め物の野菜は、量も多いし、キャベツ意外にも切るので、普通のザルの方が使い勝手がいいですね。(主婦、嫁の感想です。)

マカロニ

DSC08927.JPG
熱いお鍋に取り付けてそのまま流せるのは便利ですね。水を切った後、このまま置いておける食材には便利です。

この後、水で冷やすので、結局、やっぱりザルに移し替えていました。

お米をとぐ

DSC08901.JPG
何度も洗っては流すを繰り返すお米。いつも指の間をすり抜けてしまう、数粒の米粒にイライラするのですが……。

DSC08902.JPG
イタザルを使えば、米粒か流れ出ることがありません!! これは最高に便利&快適です。

普通のザルで洗ってから移す場合は、米粒がなかなか取れずにイライラします。米洗いには、イタザルが圧勝ですね。

イタザルのここが Good!

  • お米とぎに最高
  • 暑いものに向いている
  • 保管するときにかさばらない

いろいろな食材を試しましたが、お米や暑い食材などにはぴったりですね。また、イタなので、保管スペースを取りませんね。

イタザルのここがうーん

  • 大量の食材では十分に水が切れない
  • 万能ではない
  • 付け外しが面倒

やっぱり向き不向きがありますね。いままで通り普通のザルの方が使い勝手いいこともありますね。

まとめ

斬新なデザインで楽しく料理ができますね。これは意外と重要なんですよね。万能な形なので、どんな料理にも使えるかなと思ったけれども、用途が限定した方がよさそうです。(そりゃそうですよね。)

今回試した食材の他にも、イタザルにピッタリなものがあるかもしれません。いろいろ試してみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
【レビュー】お米をといだあとの水切りに「イタザル」が最適!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin