Wii Uカラオケの遅延対策に音声切り替え機「AT-SL31A(オーディオテクニカ)」を買ってみた。RCA/ミニジャック両対応でGoodです!

DSC04283.JPG
こちらの記事でWii Uカラオケの遅延解消方法についてご紹介しましたが、その時に購入した、「audio-technica オーディオセレクターAT-SL31A」の開封の儀を執り行いたいと思います。

同時に「ELECOM AV-351 オーディオケーブル」も購入しました。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC04259.JPG
パッケージです。AUDIOは3系統入力。φ3.5ステレオミニやRCA端子に対応しています。

DSC04266.JPG
パッケージ下部。型番はAT-SL31A。安心のオーディオテクニカ製。

DSC04260.JPG
裏面にオーディオセレクターの各説明が書かれています。

DSC04261.JPG
接続例が書かれています。本体の裏側に入力端子1、2、そして出力端子、前側に入力3の接続端子があります。

DSC04262.JPG
各入力端子にはRCAピン端子とφ3.5ステレオミニ端子(ミニジャック)の2系統がありますが併用はできません。(当たり前ですが。)

DSC04263.JPG
パッケージ側面はこんな感じ。

DSC04264.JPG
反対側はこんな感じ。では開封しましょう。

DSC04267.JPG
ちなみにケーブルは付属していないので、ミニジャックのケーブルを2本買いましたよ〜。

DSC04270.JPG
裏面はこんな感じ。一応見ておきましょう。

DSC04272.JPG
オーディオセレクターに戻り、開封してみました。説明書関係は一切無し。本体とセレクタースイッチの下に貼るシールが同梱されています。予め、いくつかサンプルで印刷されています。

DSC04273.JPG
本体を詳しく見てみましょう。光沢があり高級感があります。

DSC04278.JPG
本体裏面。IN1(入力1)、IN2(入力2)、OUT(出力)端子があります。それぞれ、φ3.5ミニジャックとRCAの音声(白赤)の端子があります。もちろん同時使用はできませんが両対応なのは嬉しいですね。

DSC04274.JPG
本体右下にあるセレクトボタンは大きくて押しやすいです。

DSC04275.JPG
IN1、IN2の表示はこんな感じでとても分かりやすいですね。

DSC04276.JPG
IN3は本体前面にあります。

DSC04281.JPG
こんな感じ。

DSC04282.JPG
本体の側面はのっぺらぼう〜。

DSC04285.JPG
以上、開封の儀でした〜。

Wii U カラオケに接続して設定をしてみた記事は、こちらをご覧ください〜。

まとめ

入力3系統、出力1系統の接点を物理的に切り換えるだけのシンプル構造なので、電源は必要ありません。しかし、「audio-technica オーディオセレクターAT-SL31A」の素晴らしいところは、ミニジャック端子はもちろん、いわゆる赤白黄色(音声右左、映像)のRCA端子(使うのは赤白の音声のみです。)にも対応しているところ。相互で変換ができるのが素晴らしいです。

今回はWii Uカラオケ用にスピーカーの入力ソース切り替えとして利用していますが、他の利用シーンでもバリバリ活用できそうです。大きさが少し大きめですが、お勧めです〜(^^)/。

スポンサーリンク
Wii Uカラオケの遅延対策に音声切り替え機「AT-SL31A(オーディオテクニカ)」を買ってみた。RCA/ミニジャック両対応でGoodです!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin