SoftBankのMMSがウェブメールで利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を使ってみた

S!メール(MMS)どこでもアクセス | モバイル | ソフトバンク
SoftBankケータイのメールサービス、S!メール(MMS)を携帯電話が無くてもパソコンなどのウェブブラウザ経由で利用できるサービス、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」(月額315円)が11月28日よりサービス提供が再開されました。

8月29日に一度サービスを開始しましたが一部不具合が発見され、公開が中止されていました。2014年1月31日まで月額無料(通常は315円)で利用できるので使ってみました〜。

スポンサーリンク

申し込みはMy Softbankより簡単手続き

S!メール(MMS)どこでもアクセスの加入は最寄りのSoftBankショップまたはMy SoftBankより手続きができます。My SoftBankで手続きする方が楽ちんですよね。

契約内容の確認・変更|ソフトバンクモバイル
「契約内容の確認・変更」→「オプションサービスの変更」を開きます。「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の欄が“未加入”になっていることを確認し、「申込」のチェックボックス(左側)にチェックを入れます。

契約内容の確認・変更|ソフトバンクモバイル
画面を一番したまでスクロールして「次へ」をクリック。内容を確認後、「申込」をクリックします。

最後にあなたのMMSに「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の利用確認、同意確認メールが送られているのでメール中のURLにアクセスして同意すれば準備完了です。

MMSをウェブメールとして使えるメリットは?

以上の手続きが完了すれば、S!メール(MMS)をウェブメールとしてブラウザから利用可能となります。

http://webmail.softbank.jp/ へアクセスすればOK。

S!メール(MMS)どこでもアクセス 受信フォルダ
一般的なウェブメールのUIなので迷うこと無く利用できると思います。逆に、iPhoneのような送信者ごとにスレッド形式にはならないので注意が必要です。また現時点ではiPhoneのブラウザからは利用できないようです。

機能的には電話帳を同期させたり便利機能があります。1GBまたは1万通を超えると古いメールから削除されます。また、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を解約するとそれまでのメールがすべて削除されるとのこと。

月額315円を払ってまで利用する価値はあるのか?ですが、携帯電話を手元に無くても利用できるのはやっぱり便利です。LINEもデスクトップアプリを利用しているよ!という人には便利かもしれません。

一方で、私なんかはMMS自体の利用頻度がほとんどなかったりする人なので、そんな場合は月額315円は高いかな?と思ったり。

ちなみに、月額525円のiPhone基本パックを利用中の人は、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を無料で利用できます。

まとめ

「S!メール(MMS)どこでもアクセス」をお勧めな人とそうでない人にすっぱりと別れそうです。

お勧めな人

  • MMSをバリバリ使っている人
  • PCで作業中、仕事中にMMSを確認、返信をしたい人
  • iPhone基本パックを利用中の人

お勧めで無い人

  • MMSをほとんど使っていない人
  • MMSをすぐに確認しなくてもいいや、という人

もう少し「S!メール(MMS)どこでもアクセス」のメリットを感じるサービス内容にする必要があるかな?というのが率直な感想。例えばメールのバックアップ&ダウンロード機能、インポート機能など。

1アドレス100円などでメールアドレスを追加で持てるとさらに便利になるかも。

2014年1月31日まで利用料は無料なので、気になる人はチェックしてみてくださいね〜。

スポンサーリンク
SoftBankのMMSがウェブメールで利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を使ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin