ショック!iPhoneを無くした!!けど「iPhoneを探す」で拾い主さんを発見したよ!

iCloud - Find My iPhone
文字通り「肌身離さず持っている」iPhoneですが、昨日の夜の私は完全に酔っていました。飲み過ぎちゃったんです。

お店を出たときまでは持っていたことを覚えているのですが、その後の記憶がまったくない! 朝起きるとiPhoneが無いではありませんか!! 

何と言うことでしょう!まずは慌てずに、iPhoneの所在を探すことにしました。

スポンサーリンク

iCloud.comの「iPhoneを探す」を使ってみた

iCloudにアクセスして、Apple IDとパスワードでログインします。

iCloud
「Find My iPhone」をクリックします。「iPhoneを探す」ですね。しばらく待つとデバイスが地図に表示されます。

iPhoneだけではなく、インターネットに接続できる環境で、かつ電源が入っていれば、iPad、iPod touchなども表示されます。

「iPhoneを探す」の素晴らしいところは遠隔でiPhoneに対し操作ができる点です。以下の操作が可能です。

  • サウンドを再生する
  • 紛失モード(遠隔ロック)
  • iPhone を消去(遠隔データ消去)

まず、はじめにやったのが「紛失モード」です。操作をロックすることで悪用されるリスクを最小限にとどめます。またコールバックしてもらいたい電話番号を入力して、メッセージを画面に表示させる事ができます。

次に地図の場所へ実際に向かいました。場所は駅から家までの間では無く少し離れた場所になっています。完全に誰かに拾われていますね、これは。

地図の周辺を探したのですが屋外だったため、「サウンドを再生する」では聞こえませんでした。家族総出で大捜索したのですが見つからず。時間切れで途中で諦め会社へ出社しました。

再捜索中に拾い主さん登場〜!

家族にそのまま引き続き捜索をお願いして、「iPhoneが無いな〜」と話していると何と「探しているのはこれか?」と声をかけてくれた方が。

何とその方が拾ってくださっていたのです!! 私が探していた時は見えないところで寝ておられたようです。屋外だったため、「iPhoneで探す」の精度は10m以内だったことになります!! 

それにしても拾ってくださった方がいい人で良かった……。少しの謝礼をお渡しして返していただきました。

「iPhoneを探す」と拾ってくださった方に感謝

iPhoneを探す機能は、「お試し」で使ったことはありましたが、実際に紛失して使ったのは初めて。今回使ってみて分かったことは以下の通り。

  • 屋外だと「サウンドを再生」はほとんど聞こえない
  • 屋外だとGPSの精度がものすごくいい
  • 「紛失モード」(LOST MODE)が安心
  • 電源が入っていないと終わり

今回、拾われた方が良心的であったため良かったとしか言えません。電源を直ぐに切られてしまうともう探せませんし、破壊されてしまえば当然それまでです。

一方で屋外の場合はかなり精度が高く、在処が10mほどの範囲で分かります。こうなれば家捜しすればOKです。ちなみに屋内の場合は建物の構造などに寄りますが、数十メートルの誤差が発生するので、ちょっと苦労するかも。

またサウンドを再生も聞こえなかったです。テストで使うと結構大きな音なんですが、実際に屋外だと聞こえないもんなんですね。

何はともあれ、「iPhoneを探す」機能と拾ってくださった方に感謝です。ありがとうございましたm(_ _)m。

スポンサーリンク
ショック!iPhoneを無くした!!けど「iPhoneを探す」で拾い主さんを発見したよ!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin