【まとめ】Amazonプライムが実質0円!登録しない理由が無い!Kindleオーナーライブラリ開始!疑問点などまとめ

Amazon.co.jp: Amazonプライム会員は、お急ぎ便、お届け日時指定便が無料
Amazonプライムは年会費3,900円で以下のサービスを受けられるサービスです。

  • 1800万点以上の対象商品のお急ぎ便・お届け日時指定便が何度でも無料
  • 対象地域であれば、日本全国どこでもお急ぎ便・日時指定便の配送料が無料
  • Kindleオーナー ライブラリー対象品が毎月1冊無料で読める

「Kindleオーナーライブラリー」が始まり、毎月325円以上の本を手に入れれば、プライム年会費が実質0円に、さらには年3,900円以上の本をゲットしたら“お得”になっちゃいます。

お急ぎ便で直ぐに届くようになるし、本も手に入るし、Kindleをお持ちの方は、Amazonプライム会員に入会しない理由が無くなりました!! 

今回は、Amazonプライムの入会方法とその他、ヘルプには書かれていない分かりにくい部分を解説します! 興味があるけれど踏み切れないという方はぜひ参考にしてくださいね! 

リンク


スポンサーリンク

Amazon プライム会員に入るメリット

繰り返しになりますが、もう一度確認してみましょう。

  • お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
    →通常、当日お急ぎ便500円、お急ぎ便350円、お届け日時指定便350円が無料(対象商品・地域に限る)
  • 自宅意外へも配達は全国無料
    →(対象商品・地域に限る)
  • 1,800万点以上の商品が対象
    →検索結果に「プライムが表示されている商品が対象
  • 同居の家族をふたりまで家族会員として登録可能
    →自分を除いてあと2名まで追加可能
  • Kindle端末を持っているなら対象のKindle本が毎月1冊無料で読める
    →対象のKindle本は数千冊。99円から1,000円以上のものも

Amazonの配達は元々早くて、注文後翌日、または翌々日に届くため、当日配送のメリットを感じなければ、Amazonプライムに入会するメリットはありませんでした。

しかし、先日始まった、「Kindleオーナーライブラリー」を使って年に3,900円以上の本を読めば、元が充分取れる魅力的なサービスとなりました!! 

Kindle端末を持っていて、Amazonをよく利用する人は、Amazonプライムに入らない理由が見つからないです!! Amazonの囲い込みの手段と分かりつつも恐ろしいサービスだな、と思います(^_^;)。

Amazonプライム加入に関する疑問点をまとめてみた

ここからが本題です。Amazonプライムがいいのは分かった。でも不安。という方も多いでしょう。特に案内画面には詳しく書かれていない部分で不安があるのも事実。少し掘り下げて解説したいと思います。

利用登録、支払いはクレジットカードのみ

Amazonクレジットカードのみの支払いとなります。Amazonギフトカードでの支払いはできません。

はじめてのユーザーは1ヶ月間は無料ですが1ヶ月後に自動で正会員になるので不要なら手動で解除しよう

過去にAmazonプライム会員を利用したことがない方は、1ヶ月間無料体験ができます。体験利用でもクレジットカードの登録が必要になります。

初期設定では「自動継続」になっているので、1ヶ月後無料体験が終了した時点で、登録したクレジットカードに年会費3,900円が課金され、有効期限が1年後となるのでご注意ください。

正式会員になりたくない方は、無料体験中に解除するようにしましょう。

Amazon.co.jp - アカウントサービス
無料会員の解除方法は画面右上の「アカウントサービス」をクリックして、「Amazonプライム会員情報を管理する」をクリックします。

Amazon.co.jp: Amazonプライム会員情報の管理
「無料体験の有効期間」か書かれているので、期限到達までに「会員登録しない」をクリックしましょう。

Amazon.com: 自動アップグレードをオフにする
「自動的に会員登録する機能をOFFにする」をクリックすれば完了です。

Amazon.co.jp: Amazonプライム会員情報の管理
自動的にはアップグレードされません。と表示が切り替わればOK。これで安心ですね。

2回目以降の加入はワンクリックで契約終了

一度でもプライム会員になったことがあるひとは、2回目以降プライム登録をすると確認画面が無く、すぐに登録完了となるので注意をしてください。

Amazonプライム」画面で「登録をする」の次をクリックすれば登録されちゃいます。もう一枚、確認画面があってもいいと思うのですが……。注意してくださいね。

通常のAmazonプライムの期間も自動継続されます

Amazon.co.jp: Amazonプライム会員情報の管理
Amazonプライム会員は自動更新が基本です。1年後気づかないうちに3,900円課金されている……ということになっているでしょう。

一度、プライムの快適さを味わうと解除することはないかもしれませんが、自動更新したくない場合は、「自動更新しない」をクリックしましょう。

Amazon.co.jp: Amazonプライム会員情報の管理
この画面になれば自動更新はされません。

「自動更新しない」を有効にする場合は確認画面がありましたが、「自動更新する」は確認画面無しでワンクリックで完了します(^_^;)。Amazonらしいなぁ。

有効期限は登録日は含まない

登録した日はすでに数時間経過しているため、有効期限には含みません。

無料体験の場合は、2013年8月25日に登録した場合、2013年9月25日までになり、プライム会員の場合、2013年8月25日に登録した場合、2014年8月25日までになります。

これはナイス。

Kindleオーナーライブラリーの特典に関する疑問点をまとめてみた

Amazonプライムには無事加入できたでしょうか? ここからは最近サービスが開始された、Kindleオーナーライブラリーの挙動や仕様でヘルプではよく分からない点について実際に試してみたのでまとめてみました。

KindleオーナーライブラリーはKindleアプリではダメなの?

ダメです。残念ながらKindle本体を持っている必要があります。iPhoneやAndroidなどアプリ版ではダメです。

Amazon.co.jp: Kindleオーナー ライブラリー
Kindle本体からKindleストアにアクセスして、プライム対象の本を購入(「無料で読む」をクリック)する必要があります。これは不便。

対象のKindle本体は本日時点で以下の5種類となっています。

Kindle Fireシリーズは9月1日まで3,000円引きになっているのでこのチャンスにぜひ!!

無料で読める本はどうやって探す?

本を検索していると「プライム」の表記がある本が無料で読める本ですが、そんなの面倒で調べてられない!ですよね。

「プライム対象の本」を探したいのですが、現在は検索する機能はありません

Amazonプライムの紹介ページに掲載されている、「Kindleオーナー ライブラリー 対象タイトル (一部)」から、興味がある本を探すのが一番手っ取り早そうです。

見つけた本を、Kindle端末のKindleストアで検索してダウンロード、という手順になります。

1ヶ月1冊無料って締め日はいつ?

だんだんと細かい話になってきました(^_^;)。1ヶ月に1冊無料になる月が切り替わるタイミングはいつでしょうか? 

2013/08/25
特典の利用は月末までで、翌月1日にリセットされるようです。

8月25日に利用しましたが9月1日以降に利用できると説明があります。

実は1ヶ月に2冊目もダウンロードできる?

できません。

2013/08/25
一度、特典を使うと「プライム特典利用済み」と表示され「無料で読む」のボタンがグレーアウトします。まぁ、当然ですね。翌月1日まで待ちましょう。

Kindle本体で取得した本はKindleアプリで読める?

残念ながら読めません。iPhoneのkindleアプリで「クラウド」画面を確認するとAmazonプライム特典で入手した本は表示されません。

Amazon.co.jp:Kindleストア:My Kindle
Amazonの「My Kindle」で購入履歴から、「再配信」してみると、kindle本体にのみ配信可能で、kindleアプリには配信できないようになっています。(グレーアウトしています。)

ちぇっ(コラコラ)。ちゃんとできていますね〜。kindle本体ならば購入したkindle本体でなくても配信できるのでご安心を。

さいごに

今回はAmazonプライムの実際の挙動を確認するために、1度もプライム会員に登録したことがないアカウントで新規に登録してみたり、2度目のプライム会員に登録したり、といろいろとやってみました。

実際にやってみるとなんて事は無いのですが、ヘルプに書かれていないのでちょっと不安になりますよね〜。

これからAmazonプライムにはいろうかな?とご検討の方、ぜひ参考にしてくださいね!! 

リンク

スポンサーリンク
【まとめ】Amazonプライムが実質0円!登録しない理由が無い!Kindleオーナーライブラリ開始!疑問点などまとめ
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin