MacでChromeのスクロールが超重いと思ったら原因がATOKだった件

製品情報ホーム|日本語入力システム「ATOK 2013 for Mac」
起動も速く動作もサクサク、超快適なMacBook Airですが、ここ数ヶ月間、たまに動作が重くなる事があり困っていました。

Google Chromeでブラウジングをしていると急にスクロールが重くなるのです。Chromeの再起動や、OSを再起動することで回避していたのですが、しっかり調べてみると、なんと原因はATOKにあった、というお話しです。


スポンサーリンク

メモリ使用量が増えると途端に重くなるATOK

ここ数ヶ月で重くなったのでインストールしたアプリを思い出してみると、ATOK 2013が怪しい、となりました。

ネット調べてみると、出るわ出るわ。みなさんもいろいろと困られているようです。ただ、Safari + ATOK 2012(または2013)の組み合わせで重くなる情報が多いようです。

私の場合は、Google Chrome+ATOK 2013ですが、その他のアプリでもスクロールが重くなるのを確認しているので、SafariやMarsEdit、Wordでも同様の現象です。

何日か規則性を確認したところ、実メモリの使用量が一定値(約130MB)を越えると途端に重くなるようです。

アクティビティモニタでプロセスを終了せよ!

解決策として、ATOKの利用をやめ、Google 日本語入力など他の入力アプリを使うことが一番の対策法だと思いますが、ATOKの変換効率の高さを捨て他に遷ることは私にはできません。

そこで強制的にATOKのプロセスを終了しちゃう荒技で緊急対応をすることにしました。

アクティビティモニタ
「アプリケーション」→「ユーテリティ」→「アクティビティモニタ.app」を起動します。「システムメモリ」タブをクリックし、プロセス名から「ATOK 2013」を探しましょう。

実メモリが130MB程度を超えていたら重たくなっている原因だと予想されます。選択後、「プロセスを終了」をクリックして強制終了しちゃいましょう!! 

強制終了後、再び自動でATOKが立ち上がってきますのでその後も特に何もせずとも日本語入力をATOKでできます。

さいごに

「何だか最近Macのスクロールが重たい、遅いな」と感じていて、ATOKを愛用中の方は、メモリ使用量を確認してみてください。ATOKは重いという意見をたまに目にしていたのですが、まさかスクロールの原因がATOKにあるとは予想もしませんでした……。

メモリを8GB搭載したMacで余裕がある状態であっても、ATOKの使用メモリが量が130MB程度を超えると途端に重くなるとは……。ジャストシステムさんには至急、対応をいただき改善版をリリースしていただきたいところです。

応急処置ではありますが、重くなったらプロセスを終了して乗り切りたいと思います! あ、あくまで自己責任でお願いします!!(^o^)

追記(2013/08/07 12:50)

2013年7月18日にこの現象を対策したと思われるアップデータが公開されていました。(Ver26.0.1)(定額制製品版

バージョンが26.0.0の方は、アップデートしましょう!私も早速アップデートしてみました。しばらく様子を見ます〜(^o^)。

製品情報ホーム|日本語入力システム「ATOK 2013 for Mac」

スポンサーリンク
MacでChromeのスクロールが超重いと思ったら原因がATOKだった件
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin