iPhoneがソフトバンクWi-Fiに勝手に接続するのを防止する方法

公衆無線LANサービス(というかWi-Fi通信)はiPhoneの3G回線やLTE回線に通信するよりもバッリー消費が少ないので、カフェなどではSoftBank Wi-Fiなどを利用するようにしています。1ヶ月7GBの通信量制限の件もありますしね。

でも街中でもソフトバンクWi-Fiのアクセスポイントはたくさんあり、勝手に接続してしまい、イラっとすることもしばしば。

勝手に繋がってくれなくていいのに。といつも思ってたのですが、自動接続をオフにする方法があったんですね。

iOS5以降で搭載されていたそうです。知らなかった(●´ー`●)。私と同じように「0001SoftBank」や「0002SoftBank」、「Wi2premium」などに勝手に接続されありがた迷惑だとお感じの方の参考になれば幸いです! 

スポンサーリンク

自動接続を解除する

自動接続をさせたくないアクセスポイントを設定するにはアクセスポイントの場所に行く必要があります。


設定 ▷ Wi-Fi で、対象のSSIDの右側の矢印をタップ。


「自動接続」をオフにします。これでオート接続されなくなりますよ♪。

下の「自動ログイン」はどちらでもOKですが、オンのままにしておきます。


Wi2premium_cluc のように自動ログインがない項目もありますが、同じように自動接続をオフにします。

以上で設定完了です! 

アクセスポイントのポップウィンドウが出る人はここをチェック


アプリがネットにアクセスしようとした時にアクセスポイントのウィンドウ「ワイヤレスネットワークを選択」が表示される機能もiOSにはあります。


これがうっとうしい人は、設定 ▷ Wi-Fi の、「接続を確認」をオフにしましょう。

さいごに

今回ご紹介した方法の他にも、使わないとき、不要なときは、設定 ▷ Wi-Fi をオフにする方法もありますか、家では自動で接続して欲しいですし、その度にオン、オフを切り替えるのは面倒です。

この設定をしておけば、自分が接続したい時だけ、ソフトバンクWi-FiやWi2premiumのアクセスポイントをタップすれば、接続できて便利です。

ご参考まで♪。(●´ー`●)

スポンサーリンク
iPhoneがソフトバンクWi-Fiに勝手に接続するのを防止する方法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin