iPhoneの明るさ自動調節が効かなくなった場合の復旧方法


突然、iPhoneで画面の明るさの自動調節が効かなくなっちゃいました。

iPhoneの画面明るさ自動調節機能はその名の通り、明るい場所や暗い場所によって画面の明るさをiPhoneちゃんが自分で調整しちゃうという優れた便利機能。

この機能が使えないと暗い場所では明るすぎるし、明るい場所では画面が暗くて見づらいんですよね〜。

今日は簡単に「明るさの自動調節」を戻す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

手動で明るさ調整をすると自動調節機能が解除される?

iPhoneの画面明るさ設定は、設定▷明るさ/壁紙の明るさ調節バーで設定できます。

自動調節をオンにしていても、このバーを触ると自動調節機能が解除されるのかも?私のiPhoneではなぜかその後、自動調節が働く事はありませんでした。

[ad#ad-center]

自動調節オン/オフだけではダメな場合も

私のiPhoneでは、自動調節をオン/オフをしても何故か自動調節機能が働かない状態になっていました。

iPhoneを再起動したりアプリを起動し直したりしましたが状況が変わりませんでした。

簡単な復旧方法

設定▷明るさ/壁紙を開き設定をしましょう。


明るい場所(夜の場合は蛍光灯の下でOK)で明るさをスライドの一番左へスライドさせて、明るさの自動調節をオフにします。


明るさの自動調節をオンにすると、明るさのスライドバーが自動でうにゅーと右側へ移動すればOK!! 

もし移動しない場合は何度か、明るさの自動調節をオフ/オンしてみましょう。

さいごに

いかがでしたか? かなりマニアックな設定ですが、iOSでは明るさの自動調節の調子が悪くなることがたまにあるようですね。(iOS6になり改善したようですが。)

お困りの方はぜひ試してみてくださいね! 

余談ですが、この記事はすべてiPhoneで書きました! うん、意外と書ける!!(●´ー`●)

スポンサーリンク
iPhoneの明るさ自動調節が効かなくなった場合の復旧方法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin