驚異の映像と音響のIMAXデジタルシアターで最新作の映画「ホビット」を3Dで鑑賞してきました!

映画館で鑑賞する映画が大好きな@hitoxuです。

DVDやビデオ録画、オンデマンド配信が全盛のこの時代に決められた時間に劇場に足を運び、ポップコーンとドリンクを買って、座席に着く。上映開始までに予告編を永遠と10分以上も見せられてようやく本編が始まる……。この不便さが好きなんです(^_^;)。

徐々にテンションが上がり本編を迎えることで作品を観る集中力も高まり、作品に対する思い入れも強くなります。多くの人とその場を共有できるのもまた魅力です。映画館、シアターには自宅では味わえない「いいところ」があるんだと思います。

その映画館の中の設備の中で評判がいいのが「IMAXデジタルシアター」です。日本で7箇所しか無いIMAXを大阪箕面で初体験しましたので今回はレポートします!! 

スポンサーリンク

大阪唯一の箕面のIMAXに行ったみた

12月14日(金)上映開始の「ホビット 思いがけない冒険」[IMAX 3D版]を、109シネマズ箕面に行ってみました。新御堂筋の北の突き当たりにあります。車で行ったのですが、SOUTH-Pに停めれば2時間無料で映画を観ればプラス1時間無料。合計3時間無料。以降も30分100円だったり、他の店舗で2,000円以上買えばさらに1時間無料になったりするので、気軽に観られるのが嬉しいですね。

映画が始まるまでが楽しい時間だったりします(^_^;)。上映10分前に入場開始となりますが、ポップコーンとドリンクを買ってボリボリ。もうこれは定番ですね♫。

壁一杯のスクリーンと完璧にチューニングされた音響設備

会場時刻になりましたのでIMAXデジタルシアターに向かいます。ドキドキ。

映像が上映されるまで撮影してもOKということなのでスタッフの方にお声がけをして場内を撮影させていただきました。通常の映画館と違い、画面が壁一杯に広がります。写真では表現できていませんが、実物はもっと圧巻です。

座席は特に変わったところはありませんが、どの座席からもベストに聞こえるようなチューニングになっているそうです。音響は文章で表現しにくいですが、迫力満点でした。

これが3Dメガネ。始まる前に何度も「上映が終わったら返却を」と言われましたが、持って帰る人がいるのかなぁ? ホビットでは3時間も上映時間があったのでメガネの重さがちょっと辛かったですがこればっかりは仕方ないですね。

場内をパノラマで撮影してみました。場内の広さに対し、スクリーンの広さを実感してもらえると思います。

IMAXデジタルシアターはその場にいるような錯覚に陥る

IMAXデジタルシアターの特徴として壁一杯に広がる大きなスクリーンと、鮮明な映像、迫力のあるサウンドがありますが、映画のワンシーンに自分が入り込んだような錯覚になります。

今回観た「ホビット 思いがけない冒険」では現実ではあり得ない世界なのですが、ドワーフとともに冒険をしてゴブリン、オーク、巨大なクモとの戦闘シーンは圧巻。3D映像もさらに立体感が増します。通常のシアターで観るよりも映像、音響とともに満足度が高いのは間違いありません。

ただ料金は、通常の高めです。IMAXデジタルシアターの通常鑑賞料金はIMAX 2D版が一般2,000円、小人1,200円、IMAX 3D版が一般2,200円、小人1,500円となっております。各シアターで各種割引きがありますので、お得に利用したいですね。

大阪には箕面にしかIMAXデジタルシアターはないのですが、もっと増えるといいですね〜。

関連リンク

[PR by ブログタイムズ]

スポンサーリンク
驚異の映像と音響のIMAXデジタルシアターで最新作の映画「ホビット」を3Dで鑑賞してきました!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin