Macに自分の書斎を。「OmmWriter」がすごく快適な件

日々、雑踏の中生活をしているとふと、自分を見つめ直したい瞬間があるものです。また、そんな時間がとても大切だったりもします。外からのノイズを一切断ち切って、今の気持ちを文章に書いてみる。たったこれだけで、なぜか気持ちが落ち着くことができるのです。

しかし残念ながら、そのような環境は日常的ではなかなかありません。そこでお薦めしたいのが今回ご紹介する、MacアプリOmmWriter(600円)です。

OmmWriterは書くことに集中が出来るアプリです。アプリを起動すると、画面全体に壁紙が表示され、他のアプリや、Dockのアイコン、さらには時計、バッテリーまでもが非表示となります。

心が落ち着くBGMが流れ、書くための環境が整えられます。自分専用の書斎がここに準備されるのです。「書くこと」だけに特化された環境がこれほどまでに、心地よいものなのか、と驚かされます。そしてどんどん筆が進むのです。(実際はキーボードですね。)

今まさにこの文章を、OmmWriterで書いているのですが、この感覚、覚えがある。と思い出したのが、キングジムのポメラです。ポメラも電子メモとしてメーラやブラウザなどの機能は一切なく、書くことに集中が出来る電子機器で、私もしばらく愛用をしていました。

その後、iPhoneと出会い、iPhoneではWriteroomがその代役をしてくれました。Mac版Writeroomもあるのですが、使用感が好みでなかったため、使うことはありませんでした。しかしMacでもようやく、OmmWriterに出会う事ができました。

少しだけ、OmmWriterの機能をご紹介すると、起動後、画面全体に壁紙が表示され余計なものは一切なくなります。快適なBGMが流れ、文字入力をすればカタカタと快適なタイプ音とともに画面に文字が表示されます。タイプライターのような懐かしい感じもします。

壁紙やBGM、タイプ音は設定で変更が可能。文字フォント、テキストエリアも設定可能なので自分の好みに調整できます。(BGMを好きな音楽を設定することは今のバージョンではできません。)作成した文章は、Omm形式、テキスト、PDFで保存ができます。(Omm形式でもフォントなどの属性は保存されません。)

カーソルを動かせば嫌み無く設定用アイコンが表示され、しばらくするとすっと消える。実にスマートです。

落ち着いて、集中をして、外部からの雑音を一切なくして書いた文章は心なしかていねいになるような気がしませんか?自分だけの書斎をMac上に再現してくれるアプリ、それがOmmWriterなんだと思います。みなさまも一度使ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

Mac App Storeへのリンク

関連リンク

スポンサーリンク
Macに自分の書斎を。「OmmWriter」がすごく快適な件
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin