長期間使わなかったゴム製のボタンやグリップがネトネトになった!ベタつきをに直す方法

DSC04380.JPG
写真でうまく伝わっているでしょうか? ボタンがべた付いて気持ち悪い感じになっちゃいました(T_T)。

ゴム製のテレビのリモコンのボタンや、ゲーム機のコントローラー、電子辞書のキーボードなどしばらく使っていないと、ボタンがねちゃいて気持ち悪い状態になることってありませんか? 

普段使っているとそんなことは無いのですが、しばらく使わずに、ひと夏を過ごしたりすると……。気づいたら大変なことになっていたりします。

実はこのベタつきはきれいに取り除くことができます。今回はその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

エタノールが入ったウェットティッシュで拭き取ればOK

ベタつきの原因は、「加水分解」という化学的な変化によるものです。「無水エタノール」を準備しましょう。無水エタノールがない場合では「ウェットティッシュ」でも代用できます。ウェットティッシュの方が他にも使えますし手軽ですね♪。

DSC04379.JPG
それではベタつきバスターズ出動です!! 

DSC04382.JPG
今回は家にあったポケットティッシュを使います。

DSC04384.JPG
成分はエタノールが入っています。

DSC04387.JPG
ウェットティッシュだとそのまま使えるし便利ですね。無水エタノールの場合はウエスなどにしみこませて使いましょう。

DSC04392.JPG
仕上がりがこちら。違いが分かりますでしょうか? 再生、停止ボタンが特にべたべたになっていましたが、きれいに取れ元通りになりました。

DSC04391.JPG
ぴかぴかになりました。気持ちいい!! 

さいごに

べた付いたゴム製のボタンをウェットティッシュで拭いたよ、というお話だけなんですが、これって気分が悪いんですよね〜。今回のように軽傷な程度が初期の段階ではウェットティッシュで対応できますが、加水分解が進行してしまった場合、ウェットティッシュではひっついてしまい逆に気持ち悪い感じになります。

そんな場合は加水分解が進行していない部分までさらに強く磨いたりして文字が消えるほど削るなどの対策が必要となります。

ちなみに今までプレイステーションの十字キーやポメラの表面(裏側)、リモコンのボタンなどで加水分解の被害に遭いました。この現象、ほんと困ったものですよね〜。

また、失敗するリスクがあるので大切なものや高級デジカメのグリップなどに作業する場合は、あらかじめ目立たないところで試しでやってみるなど注意して作業を進めるようにしましょうね! 

スポンサーリンク
長期間使わなかったゴム製のボタンやグリップがネトネトになった!ベタつきをに直す方法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin