adiaryは本当に高速か?

私がadiaryに出会ったのは2007年の春。
それまでは、ぶろぐんを愛用していたのですが、記事数が1000を超えた当たりから表示速度が急激に落ちてきたため、いろいろと原因を調べるもどうやらぶろぐん自体の仕様と、モジュールによる速度の低下によるものでした。

そこで高速なものはブログソフトは無いものか、と探していたところ偶然に、adiaryに出会いました。
その他にも、MovableTypeやWordPress、SBなどメジャーなところは一通り試してみたけれど高機能すぎて管理画面がもっさりしていて気持ち悪い。
そんなか出会ったadairyは衝撃的でした。
「高速」と公言しているからには早いのだろう、と実際に検証をしてみると確かに早い。

当時1400件ほどあったブログもさくさく動いてくれました。この検証結果を経てadiaryユーザーとなった私。
ぶろぐんも素晴らしいソフトで使いやすかったのですが、いかんせん記事が多くなると表示するのに時間が掛かるようになるというのは私にとって致命傷でした。

と言っても当時検証をしたけども、具体的な数値が残っていなかったのでこの年末の忙しい時期に検証をしてみました(^_^;)。

サンプルとして新聞記事を5つ準備し複製させインポートさせました。
1000記事、2000記事を表示と表示時間を検証、比較してみました。
ちなみに両ブログとも、最新バージョンかつ初期状態(設定変更、改造、プラグインなどをインストールしていません)で検証しました。

結果は想像以上の差が出ました。

1 1000 2000
ぶろぐん 0.02秒 4.5秒 17.2秒
adiary 42.3ms 63.5ms 97.9ms

新聞記事を利用したので文字数は普通のブログより多めではあると思いますが、それでも2000記事でのMovableType形式での容量は3.9MB。コメントやトラックバックが無い状態でこのサイズはさほど大きくないと思います。

双方のブログの設計思想が全く違うためこのような結果となったと思われますが、ぶろぐんもとても使いやすいソフトです。PHPで作られているため初心者でもカスタマイズが簡単で取っつきやすいというメリットもあります。
普通に使う分で1000記事以内でしたら、どちらのソフトを使っても差はありません。

私の場合は現在2000記事を突破したブログを運営しているため、adiaryは手放せないツールとなってしまいました。
逆に、adiaryと出会えて良かったと思っております。adiaryと出会えてなければ今頃はWordPressを猛勉強中かな?

また機会があれば、他のブログソフトでも検証をしてみたいと思います。
今度は2008年の年末かな?(そんなアホな(^_^;))

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin