【人柱レポ】ソニーイヤーピースEP-EXN50Mが販売終了になっていたのでEP-TC50Mが代替品にならないか試してみた

現在、通勤時に愛用しているイヤホンは、2014年4月に購入した「SONY ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー ブラック MDR-NWBT20N/B」です。ひとぅブログでもご紹介ています。今も販売されている現役機種です。

iPhoneでも使える6,000円台のノイズキャンセリング&BluetoothイヤホンSONY MDR-NWBT20Nが最高!
前から気になっていた「SONY ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー MDR-NWBT20N」ですが、ついに購入をしちゃいました。結論...

約3年弱利用してきましたが、おおよそ1年ごとイヤーピースを交換してきました。対応製品は、「SONY ノイズアイソレーションイヤーピース Mサイズ EP-EXN50M」(約910円)なのですが、今回も購入しようとAmazonで見てみると、なんと販売終了しているではありませんか!!

2017年1月現在、EP-EXN50Mは4,000円から6,000円と残りの在庫を保有している会社が相当高い価格設定で販売しています。到底この価格では購入できません。(してはいけません。)

SONYより後継品の説明は特にないようで、口径サイズなどが同じである「コンフォートイヤーピース(Mサイズ・2ペア)SONY EP-TC50M」(1,462円)を購入してみました。

今回は、EP-EXN50Mの製造終了、販売終了にともない、別商品である、EP-TC50Mがどの程度、互換性があるかを試して人柱レポートをお届けします。

イヤーピースEP-EXN50Mをお探しの方、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

開封の儀

EP-TC50M、サイズはMサイズです。(型番の最後の文字がサイズとなっています。)

背面にEP-TC50Mの特徴が書かれています。素材は2種類の硬度のシリコンゴム、・独自開発シリコンフォーム素材。特徴は今までにない局所追従性・外形追従性・内部追随性。効果は、高い遮音性能・長時間の快適な装着製・水洗いできる清潔さ。となっています。水洗いできるのがいいですね。

対応機種に、MDR-NWBT20Nは記載されていませんでした。SONYのホームページを確認するよう案内がありましたが、SONYのホームページではその記載を見つける事はできませんでした。(分かりにくいなぁ〜)

パッケージを開けると取り付けの説明が書かれています。

右側がEP-EXN50Mで、左側がEP-TC50M。EP-TC50Mの方が背が高いです。

表面は、EP-EXN50Mは表面が低硬度シリコンでツルツルしているのに対し、EP-TC50Mはシリコンフォーム素材でツルツルしていません。(見た目は発泡スチロールのような気泡が見えます。)

低硬度シリコンは耳の脂やホコリなど汚れが付着しやすいですが、シリコンフォーム素材はそれらが付きにくくなっているように感じます。

内側は、EP-EXN50Mは低反撥ウレタンフォームが入っているのに対し、EP-TC50Mは外部のシリコンフォーム素材が分厚くなっています。空洞が少しあります。

MDR-NWBT20N/Bに装着してみました。右側がEP-EXN50Mで、左側がEP-TC50M。問題なく取り付けられました。

実際に音楽を聴きくらべてみましたが大きな違い、差は感じられませんでした。音漏れも特に差はありませんでした。フィット感についても大きな差は感じられませんでしたが、EP-EXN50Mの方が若干、フィット感がいいような気がしました。(あくまでそんな気がしたという程度)

結論。

EP-EXN50Mが発売中止となったけれど、EP-TC50Mでも問題なく使える。です。

EP-TC50MのここがGood!

  • 独自開発シリコンフォーム素材の質感がいい
  • EP-EXN50Mの後継品として利用可能

EP-EXN50Mが発売中止となった今、SONYは正式に後継品を発表していない中で特に問題なく利用できるようです。また、シリコンフォーム素材の質感がよくて汚れにくく肌触りもソフトです。

EP-TC50Mのここがうーん

  • 価格が高い
  • EP-EXN50M対応のすべての機種に利用できる保証はなし

EP-EXN50Mは価格が900円程度でしたが、一気に1.5倍にもなっています。シリコン素材を多く使っているため製造コストが高くなってしまったのかもしれませんが、交換用のイヤーピースとしては高すぎるように感じました。この点はSONYさんにはもう少しがんばってもらいたいところ。

さいごに

今回、イヤーピースを交換し、EP-EXN50Mを追加注文しようとして製造中止を知りました。MDR-NWBT20N/Bはまだ現行品にも関わらず、消耗品のイヤーピースを販売中止にするのはいかがなものかと。

今回、ソニーサポートデスクへ電話をしていませんが、ホームページに互換品、後継品を掲載して欲しいものですね。(私が見つけられなかっただけかもしれませんが。。。)

何はともあれ引き続き利用できるものを見つけられたのでホッと一安心です。MDR-NWBT20N/Bはこれからも愛用していこうと思います。

スポンサーリンク
【人柱レポ】ソニーイヤーピースEP-EXN50Mが販売終了になっていたのでEP-TC50Mが代替品にならないか試してみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin