【レビュー】名刺サイズのわずか65gのdodocoolモバイルバッテリー はiPhone、Androidスマホに1回充電できてバックに入れておくと安心!【割引クーポンあり(2016/10/31まで)】

モバイルバッテリーはスマートフォンの外出先の電源確保として1つは持っている人が多いのではないでしょうか?私もモバイルバッテリーを持っていないと心配で心配でなりません。

でも平日は、家と会社の往復だけなのでモバイルバッテリーの出番が少ない、という人も多いかもしれません。私もその一人で最近はスマホのバッテリーの持ちがよくなったこともくわえ、10,000mAhのモバイルバッテリーを持ち歩いていましたが、ただ思いだけ、という日々を送っていました。

旅行や長時間移動がある日はこのサイズのモバイルバッテリーを持っていくと安心ですが、平日はスマホを1回分充電できればじゅうぶんです。

そこで、今回は、「dodocool モバイルバッテリー 充電器 極薄 2500mAh」(1,699円)を使ってみました。

この商品の特徴は何といっても以下の3点。

  • 容量2,500mAhでスマホを約1回充電できる
  • コンパクト(超薄、軽量)
  • microUSB&Lightningケーブル付属

モバブは持ち歩かないと不安だけれど、平日の使用頻度が低い方、必見ですぞ!

さらにお得な情報です。dodocoolさんから割引クーポン情報をいただきました。2016年10月31日まで25%引きの1,274円になります。このチャンスにぜひ。

Amazonで使える25%OFFになるクーポンコード「B2KZMPDM」販売元はBeeebo-jpを選択(2016/10/31まで)
スポンサーリンク

開封の儀

ビニールに入っています。

その中にdodocoolと書かれた段ボールのパッケージ。

背面に各種仕様が書かれています。「dodocool 2500mAh Power Bank Model:DP08」。

各種ライセンス関係が書かれています。Lightningケーブルが付属しているのでiPhone、iPodで利用できます。

パッケージを開けるとDP08本体が出てきました。

本体を取り出すと底にマニュアルとモバブを充電するmicroUSBケーブルが入っています。

内容物は操作マニュアルとモバイルバッテリー本体、 本体充電に用いるmicroUSB、以上となります。ACアダプターは同梱されていないため別途用意が必要です。

マニュアルは基本部分は英語です。

仕様書のみ日本語で記載があります。

入力、出力ともDC 5V 1A。寸法100 × 62 × 8 mm。薄いです。重量65g。軽いです。

本体を詳しく見てみましょう。前面はdodocoolが下部にあり上部中央にインジケーターLEDがあります。充電中、使用中に点灯、点滅し状況を確認できます。

背面に各種ライセンスと仕様が書かれています。

ピントがぼけましたが側面にmicroUSB入力端子があります。

斜め上より。ケーブルが本体に埋まるように収納されています。

反対側より。角の部分を持ち上げてケーブルを取り出します。

こんな感じ。microUSBタイプBの端子が出現しました。ケーブルと端子が内蔵されているので便利です。

よく見ると本体上部に何やら埋まっています。

ここにmicroUSBタイプBを挿して、抜くと、、、

Lightningケーブルに早変わり!Lightningソケットが埋まっていたのです。これはナイスアイデア!

このようにiPhoneを充電できます。出力は最大1Aなので急速充電には非対応ですがこれでじゅうぶんです。ケーブルが内蔵されるため紛失の心配がないのが最大のメリットです。

iPhone SEと大きさを比べるとこの通り。バッグに入れていても邪魔にならず重さも負担に感じる事もなさそうです。

以上、開封の儀でした。

dodocool モバイルバッテリー 充電器 極薄 2500mAhのここがGood!

  • 名刺サイズで65gと軽量
  • microUSB&Lightningケーブルが内臓

スマホを1回充電できるモバブという商品群の中で軽量、手軽さを追求した製品と言えます。持ち運びが苦にならずケーブルの紛失の心配がありません。

dodocool モバイルバッテリー 充電器 極薄 2500mAhのここがうーん

  • ACアダプターが同梱されていない
  • 最大出力が5V/1A

最大出力が1Aのため急速充電はできません。”ながら”で利用するなら問題ありませんが、急速充電必須!の方はご注意ください。また、一般的に付属されていませんがこの製品もACアダプターはありません。コスト削減のためにはむしろ付属は不要と個人的には思いますが、一応ご注意いただきたい点です。

さいごに

iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6sのバッテリー容量は1600〜1800mAhなので2500mAhのモバイルバッテリーは1回程度の充電ができる容量となります。(モバイルバッテリーは利用できる容量は仕様より少ないため。)

一方、iPhone 6 Plus、6s Plusは2800〜3000mAhもあるため1回の充電ができないので注意が必要です。

お手軽で軽量なモバイルバッテリー。カバンに入れておくと安心です。気になる方はチェックしてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】名刺サイズのわずか65gのdodocoolモバイルバッテリー はiPhone、Androidスマホに1回充電できてバックに入れておくと安心!【割引クーポンあり(2016/10/31まで)】
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin