【人柱レポ】Splatoon(スプラトゥーン)バトルドージョーは安価な「クラシックコントローラーPRO」で環境を整えちゃおう!ジャイロ機能付加レポもあり

DSC08016.JPG

昨年5月に発売され、すでに8カ月以上経過している、「Splatoon (スプラトゥーン)」(4,909円)ですが、いまだに、小中学生に絶大な人気があるようです。

我が家でも遅ればせながら購入しちゃいました。私もこどもたちが寝てから遊んでいますが、ストレス解消にもなり大人でも楽しめます。ここ1週間ほど家族の会話も、スプラトゥーンの話題ばかりです。(笑)

スプラトゥーンは基本、ネット対戦が中心となりますが、ふたりでローカル対戦できる、「バトルドージョー」モードもあります。このモードを家族みんなでワイワイ遊びたいと思い調べたところ、マリオカートのようにテレビを2つに分割するのではなく、ひとりは、Wii U ゲームパッドの画面、もうひとりがTV画面を見て対戦します。

これはおもしろそう!と言うことで「バトルドージョー」で遊ぶ方法を調べてみました。

スポンサーリンク

ふたり目に必要なコントローラー

バトルドージョーで遊ぶには、ふたりめのコントローラが必要で以下のいずれかが必要です。(TV側コントローラーとなります。)

「Wii U PROコントローラー」はバッテリーを内蔵しているため単体で駆動しますが、「クラシックコントローラー PRO」は「Wii リモコン プラス」に接続して利用する必要があります。「ヌンチャク」のような感じですね。

また、「Wii U PROコントローラー」にある「Rスティックボタン」機能(Rスティック押し込むボタン)が、「クラシックコントローラー PRO」にはありませんが、バトルドージョーには、スペシャルウェポン機能はないため、特に問題ないでしょう。

TV側コントローラーにもジャイロ機能を追加できる!

「Wii U PROコントローラー」、「クラシックコントローラー PRO」ともにジャイロ機能がないため、Wii U ゲームパッドのような操作感を本来は、体感できないのですが、何と、「Wii リモコン プラス」をコントローラーに縛りつけることで強引に実現することが可能となっています。任天堂スゲー!!(^_^;)

この裏技は「Wii U PROコントローラー」、「クラシックコントローラー PRO」とも可能となっています。

任天堂の公式ツイートは以下。

「クラシックコントローラー PRO」でバトルドージョーを楽しもう!

これからもバリバリWii Uでゲームを楽しむ予定の人は、「Wii U PROコントローラー」を購入しても元が取れると思いますが、スプラトゥーンのバトルドージョーを単純に楽しみたい人は、「クラシックコントローラー PRO」がいいと思います!!

Wiiリモコンプラスを持っている人は1,645円だけの出費でバトルドージョーを楽しめます! クラシックコントローラ PROは安いし、Wiiリモコンプラスを付けても軽いですもんね。!!

「クラシックコントローラー PRO」にジャイロ機能を付加してみた

いろいろな記事を探しましたが、「Wii U PROコントローラー」にジャイロ機能を付加した記事を見かけましたが、「クラシックコントローラ PRO」にジャイロ機能を付加した記事が見つかりませんでした。

任天堂のツイートやAmazonのコメントからも問題なく動作するようでしたが、ちょっと不安でしたが、試してみましたよ〜。

開封の儀

開封の儀はサクッといきますね。(笑)

DSC07983.JPG

クラシックコントローラー PROのパッケージ。Wii時代からのものですね。まさか購入することになるとは……。

DSC07990.JPG

シンプルですね。若干色がくすんでいるように見えるのは気のせいかな?

DSC07987.JPG

背面に説明が書かれています。「クラシックコントローラー PRO単体では動作しません」。今回は、Wii リモコンプラスに接続して使います。

DSC07991.JPG

パカッと開けました。

DSC07992.JPG

取扱説明書が入っていました。

DSC07993.JPG

きれいに梱包されています。

DSC08001.JPG

シロを購入。コンパクトできれいです。「Wii U PROコントローラー」は使いにくいとあまり評判がよくないようですが、「クラシックコントローラー PRO」は持った感じ悪くありません。大人の手にもこどもの手にもフィットします。

DSC07994.JPG

取扱説明書です。

DSC07995.JPG

各部の名称が書かれています。「Rスティックボタン」(押し込み)は機能しません。(スプラトゥーンバトルドージョーでは利用しません。)

DSC07996.JPG

裏面。

DSC07998.JPG

通常はこのように接続して使います。

DSC07999.JPG

コントローラを詳しく見ていきましょう。Wiiリモコンと接続が必須となるため有線です。

DSC08002.JPG

2,000円弱のコントローラーですが質感がとてもいいです。

DSC08007.JPG

各ボタンの操作感もバッチリです。

DSC08004.JPG

abxyボタンは小文字。かわいい。

DSC08005.JPG

スティックは各ボタンの内側下に配置されています。

DSC08009.JPG

背面はなにもありません。

DSC08010.JPG

上部。L、R、ZL、ZRがあります。

以上、開封の儀でした。

ジャイロ機能付加に挑戦!

お待たせしました。Wiiリモコンプラスを取り付けてみましょう。

DSC08014.JPG

こんな感じになります。

DSC08017.JPG

完成!作業時間わずか30秒ほど。(笑)

100均で売っていたマジックテープ(家に余っていたもの)でぐるぐる巻きにして固定しました。太すぎたため真ん中のホームボタンやセレクトボタンなどをふさいじゃいましたが、バトルドージョーの操作には特に問題ありません。

DSC08019.JPG

横から見るとこんな感じ。

DSC08021.JPG

裏から見たところ。
DSC08020.JPG

上から見たところ。

DSC08022.JPG

真下から見たところ。

意外ときれいにまとまっています。

スプラトゥーンバトルドージョーで「クラシックコントローラー PRO」+「Wii リモコンプラス」のジャイロ機能を使ってみましたよ〜。

コントローラーの選択画面で「十字キー下」+「B」を押しながら、「ZL」+「ZR」を押すとコントローラーを指定できます。

「十字キー下」+「B」を押さずに、「ZL」+「ZR」だけだとジャイロ機能がONにならないので注意!

「クラシックコントローラー PRO」でジャイロ機能が働きましたよ〜!! ちょっと感動!! コントローラーの重さも問題なく快適です。

家族でワイワイ盛り上がること間違い無し!! これは超オススメです。

さいごに

Splatoon(スプラトゥーン)が発売になったときに気になっていたソフトでしたが、インターネットでしか遊べないのでどうかな?と思いましたが、さすがは任天堂。おもしろく遊べます。ライトユーザーをうまく取り込むのが本当にうまい。

家族でわいわい楽しめるバトルドージョーがあるのもGoodです。バトルドージョーは風船割りの数で競いますが、陣地取りモードも選べるとうれしいのですが……。アップデートで対応してくれないかな?と密かに期待しています〜。

以上、スプラトゥーンバトルドージョーでジャイロ機能を付与してみた、という記事でした。

スポンサーリンク
【人柱レポ】Splatoon(スプラトゥーン)バトルドージョーは安価な「クラシックコントローラーPRO」で環境を整えちゃおう!ジャイロ機能付加レポもあり
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin