【レビュー】AmazonベーシックのLightningケーブルがスリムに!1,000円以下で激安だよ!

DSC04069.JPG

iPhone、iPadなどで利用する充電ケーブル、Lightning USBケーブルは純正品って高いですよね。なんと2,200円(税別)もするのです。Apple認証 (Made for iPhone取得)が必要なためサードパーティーのケーブルも必然的に高めだったりします。

2012年発売のiPhone 5などで導入されたLightning端子ですが低価格のケーブルは充電できないなど粗悪品も多かったですが、3年が経過しApple認証 (Made for iPhone取得)を通過した商品でもようやく低価格帯の商品が出そろってきました。

今回ご紹介する、AmazonベーシックのLightningケーブルは初代は2015年2月に販売が始まり1,480円と当時では低価格で人気を博しました。しかし、ヘッド部が純正品と比較し大きかったため、ケースを付けていると利用できないといった不満の声もありました。

ユーザーの声を受け、8月末にヘッドがスリムになった後継品が販売開始され、価格は940円と1,000円を切る価格設定は度肝を抜かれました。それにあわせ初代のケーブルは1,480円から880円に値引き販売中です。

で、ようやく本題。

先日のLightningケーブルのセールで旧型と新型の両方を購入したのでヘッドを比較してみました。先日の記事は以下の通り。

【セール情報】Amazonベーシック Lightningケーブルが748円でセール中!ヘッドがスリムになった新型製品は798円!(11月1日まで)
ライトニングケーブルって高いですよね〜。そんな常識に一石を投じてくれたのがAmazonベーシックです。Amazonブランドで安心感のある...
スポンサーリンク

開封の儀&新旧ヘッド比較

DSC04060.JPG

新型の「Amazonベーシック ハイクオリティーライトニングUSB充電ケーブル 約90cm 小型ヘッド設計」(現在価格940円)を開封してみましょう。

DSC04061.JPG

ケーブルが入っているだけのシンプルな内容。低価格化を実現してくれるならこれでいいんです。

DSC04065.JPG

8ピンのライトニング端子側。amazon basicsのロゴはありますが純正品に近いスリムさを実現しています。

DSC04066.JPG

USB-A側もスリムになっています。こちら側はamazon basicsのロゴはなくなりUSBマークとなっています。

DSC04071.JPG

Lightning端子側を新旧比較してみるとその違いが一目瞭然です。かなりスリム化をしたことが分かります。

DSC04068.JPG

USB-A側もこの通り。正統進化ですね。

DSC04072.JPG

ケーブルの長さは同じ90cmタイプを購入しましたが、若干、新型の方が長いようです。

まとめ

旧型でもまったく問題無い品質の高い製品でしたが、ヘッドが大きいため、野暮ったい印象があったのも事実。それが新型になりスリムになり純正品とほぼ遜色ない見た目となりました。品質も当然高いレベルです。

しかも1,000円以下なのがうれしい限りです。Amazonで1,000円以下で販売されてしまうとこの価格帯がサードパーティーの製品のデフォルトの価格帯になってしまったとも言えるでしょう。もう2,000円も出してケーブルは買えなくなっちゃいました。

スポンサーリンク
【レビュー】AmazonベーシックのLightningケーブルがスリムに!1,000円以下で激安だよ!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin