【人柱レポ】縛りが嫌いなので2年縛りが解ける前にiPhone 5sのau回線を解約した&割り切ることで通信費を劇的に節約できる!

iPhone5s発売日0時頃のauショップ柏崎

2014年2月にSoftBankからauへMNPし、iPhone 5sを一括でゲットした私。iPhone 5sは各社、新規回線獲得に血眼になりMNP還元が行き過ぎと総務省がが待ったをかける一幕があったり、という時代でした。

当時、MNPにまつわる記事を何回かにわたり書いています

ソフトバンク一筋4年9ヶ月だった私がauのiPhone 5sにMNPしたファーストインプレッション
昨年9月に発売されたiPhone 5s。すでに多くの方が開封の儀をすませている中、2014年2月23日、我が家で開封の儀が執り行われました...

あれから約1年8カ月。2年間利用した後にまた他社へMNPして安くiPhoneをゲットしようと当時は考えていましたが、現在はいろいろと条件が厳しきなり端末代金が高くなってしまっています。

新規やMNP契約時は見かけ上、0円で加入させた後は最低でも1年以上は契約をしなければ多額の違約金が請求されることになっているようです。

「なっているようです。」とあいまいな表現なのは、調べはじめたところで新規購入金額、契約プラン、各種キャンペーン、縛り、違約金など複雑怪奇な条件をひとつずつひもとく事を途中で諦めたのです。

現時点でもっともお得な購入方法を見つけ出したとしても、数カ月後には陳腐化し使えない情報になることが大生にして想像されます。その努力に時間を費やすのではなくもっと前向きなことに時間を使いたいと考える事にしました。

我が家の携帯電話の運用は次のように結論づけました。

スポンサーリンク

ひとぅの携帯電話運用基準

ここ数年でもっともストレスを感じる事は「縛り」です。通信品質や料金に不満を感じても容易に変更できない今のキャリアの契約形態にウンザリ。この呪縛から逃れるために考えたのが、次の6項目です。

  • 端末はSIMフリー機(またはドコモ端末白ロム)を利用する
  • 縛りのあるプランは契約しない
  • キャリアのメールは利用しない、Gmail、LINE、Facebookを利用する
  • 音声SIMは利用しない(090番号と決別する)
  • データSIM(SMS付き)を利用する
  • 050IP電話を利用する

この内容を実現するためには現状、MVNO業者のプランを契約するほか方法はありません。今のMVNO業界は業者間でちゃんと競争原理が働き、料金だけでなくユニークなアイデアを絡めたプランも登場しつつあります。

2年もキャリアを自由に変更できないなんて事はもう考えられません。1年後、いやもっと短いスパンで魅力的なプランが登場する可能性があります。もちろん、安定して大手のサービスを利用するのが一番。という考えがあることも承知しています。しかし、私としては柔軟に契約を変更できる体制をいつでも取っておきたいと思うのです。

縛りのあるau回線を解約

冒頭に書いた通り、24カ月継続後に他キャリアへMNPを想定していましたが解約を視野に入れていましたが、iPhone 6sを購入したためiPhone 5sを使っていた息子にiPhone 6が渡ったことでiPhone 5sにau回線がある理由はなくなりました。

2014年2月に契約したiPhone 5s。解約月は2016年3月のため2015年11月〜2016年3月まで残り5カ月間費用が発生するのはもったいないので、2年縛りが解ける前ですがペナルティとなる解約金(9,800円(税抜))を支払っても払い続けるよりも得と判断して、9月3日、解約することに染ました。

解約をするため、auショップに向かいました。iPhone 6s発売間もないためたくさんのお客さんで店内は賑わっていました。4組ほど待っていて30分後に順番が回ってきました。

店員さんから以下の点を注意点として説明を受けました。

  • 24カ月未満なので解約料10,260円がかかる
  • 本日(3日)解約してもLTEフラットは日割りされない
  • 本日(3日)解約した時点で電話番号、メールアドレスは即、停止され復活できない

この3点だけでしたが、いやいや、説明が不足していやしませんか?

基本料は日割りされないの? スマートパスは? 今月はスマートバリューに入っているけど割引は適用されないの? 月々割は適用されないの?

これらは事前に知っていましたが改めて説明を聞きました。追加で説明されたのは以下の内容。

  • 基本料は日割り計算される
  • その他の料金(オプション含む)は日割り計算されない
  • 割引となる毎月割、auスマートバリューは解約月は適用されない

ここで一番のポイントは割引は解約月には適用されない点です。これは24カ月後の縛りが解けた月でも同じです。つまり解約する人は絶対に関係する内容です。

店員さんに実際、請求されることになる金額を書き出してもらいました。

項目 月額料金 3日時点解約
基本料 ¥1,008 ¥100
LTE NET ¥324 ¥324
LTE フラット ¥6,156 ¥6,156
スマートパス ¥401 ¥401
APP+ ¥432 ¥432
解約料 ¥10,260 ¥10,260
合計 ¥18,581 ¥17,673

3日に解約したため基本料のみ日割りとなり若干安くなっていますが、17,673円も請求されることになります。これが2016年3月3日に解約した場合でも、10,260円が無くなるだけで、7,413円請求されることになります。

ちなみに毎月の請求は3,500円くらいでしたので私の場合は解約月は倍の金額を請求されることになります。

店員さんの説明を冷静に聞いていたつもりですが、だんだんと腹立たしくなってきました。入るときには最大限の優遇をして辞めるときにはこれでもか!と仕打ちをする。そんな対応にしか見えません。今後、このような姿勢である限り再びお世話になる事は無いだろうな、と思いました。

次月に大きな金額が請求されますが、3,500円×5カ月ー10,260円=7,240円ほどトータルでコストダウンできたことになります。

ひとぅのモバイル通信費

先日、12カ月の縛りがある楽天モバイルを解約しましたが、それに続き、au回線も解約しました。以前は携帯電話業者を2年に1度、MNPで渡り歩くのがもっともお得な技でしたが、今やその技も通用しにくくなってきました。今後、端末がSIMフリー化することでますますその流れは加速しそうです。

私のモバイル回線で縛りがあるのはあと2つ。SoftBankのガラケーとY!mobileのWi-Fiルーターです。ガラケーは11月に解約予定、Wi-Fiルーターは305ZTなのですが低速化してしまっても使い放題な点が魅力的なため納得をして契約を継続しています。この回線は2016年11月まで利用する予定です。

我が家は、嫁がガラケーとスマホを併用しています。現在はスマホ用としてmineo dプランを5回線とFREETELを1回線契約しています。現在、mineoがキャンペーン中という事もありますが、通信費は以下の表の通り。合計は、たったの6,149円です。そう、スマホ1台分です。

サービス名 価格(税抜) 価格(税込) 1日当たり 備考
SoftBankガラケー 1,500 1,620 54 違約金なし
SoftBankガラケー 950 1,026 34.2 2015/11まで2年縛り
FREETEL SIM 439 474 15.8 縛りなし
mineo dプラン(3GB)×5回線 860 928 30.9 2016/8まで800円引
Y!mobile(305ZT) 1,946 2,101 70 2016/11まで2年縛り
合計 5,695 6,149 204.9

厳密には契約時の事務手数料があるため単純にスマホ1台分というのは語弊がありますが、それでも家族4人分の通信費が1万円以下は魅力的です。(11月にガラケーを解約するため1,000円がさらにコストダウンします!)

さいごに

一度あなたのご家庭のモバイル通信費はいくら支払っているか、書き出してみてください。きっと目が飛び出るような金額になっていると思います。

「ひとぅの携帯電話運用基準」を割り切って実行することでモバイル通信費は劇的にコストダウンが可能です。一度、050を使い出すと通話品質は落ちますが特に問題なく生活できることに気づくと思います。

それでも不安な方は、私の嫁のようにガラケーと2台持ちというのもアリでしょう。あなたにとってもっともお得な通信費節約術が見つかることを影ながら応援しています!!

スポンサーリンク
【人柱レポ】縛りが嫌いなので2年縛りが解ける前にiPhone 5sのau回線を解約した&割り切ることで通信費を劇的に節約できる!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin