【レビュー】写真多めのiPhone 6sローズゴールド開封の儀&ファーストインプレッション

DSC02271.JPG

9月25日に発売になったiPhone 6s。1週間遅れとなりましたが、この度、iPhone 6s ローズゴールド 64GB(SIMフリー版)をゲットしましたよ〜!!

すでにたくさんのブログ記事やニュース記事でiPhone 6sの素晴らしさを紹介されていますので、ひとぅブログでは、写真を多めにご紹介します。

オンライン、またはお近くのApple Storeで今使っているスマートフォンを下取りに出すと、iPhone 6sへアップグレードできます。シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの中から選択可能。
スポンサーリンク

iPhone 6sをApple Store Appで購入(と経緯)

ここ1年、AndroidスマホとiPhoneの2台持ちをしている私。iPhoneの進化はiOS側に大きく依存し、AndroidはOSはもちろんハードとの融合でまだまだ進化の余地があると思っていました。そこで今回は、iPhone 6sは発売日購入を見送り、Googleが監修する新型端末、Nexusを購入する予定をしていました。

iPhone 6sは11月に2年縛りが切れるSoftBank回線をdocomoへMNPをして安く手に入る方法はないか、後日、模索する予定で臨んだ30日からのGoogleでのイベント。

発表されたNexus 5X、Nexus 6Pの仕様はリーク情報通りだったため大きな驚きはありませんでしたが、一番驚いたのが日本での販売価格。ここでは詳しく書きませんが、グローバル版より15,000円ほど高めの設定になっているのです!これで一気に熱が冷めました。

Nexus発表会の記事は以下をご覧ください。

【速報】新型Nexus、Nexus 6P&Nexus 5Nが発表、本日発売。10月より出荷
Googleは9月30日1時より(日本時間)新Nexus&新Androidの発表会を開催し、Nexus 5NとNexus 6Pを発表しま...

honor6 Plusを購入したところでカメラ性能にも満足している事もあり新型Nexusの購入の見送りを決定しました。

で、、、再び気になったのがiPhone 6sです。3D Touchを絶賛する声や、倍増されたメモリ、爆速!というレビューを見て、11月を待たずにSIMフリー版の購入を決定しました!!

IMG_7938

「iPhone 6s 64GB ローズゴールド」が欲しいと仕様は決まっていたので、後は仕事が速いです。iPhone 6のApple Storeアプリからたった5分ほどで買い物が終了。

税抜99,800円、税込107,784円のお買い物が片手で一瞬でできてしまうなんて、あまりにも手軽すぎて恐ろしすぎます。(^^;)

購入したのは20日午前7時頃。この時点で出荷予定日が5-7営業日とあったので10月7日-9日頃に来ると表示もありましたし、のんびり待つことにしました。

……そして10月1日夕方に何気なくステータスを見ると出荷完了になっているではありませんか!!!なんと2日着!! たった1営業日で出荷されました。

注文後2日後に到着したiPhone 6s! うれしい誤算に、花金(死語)なのに定時で仕事をたたんで家に飛んで帰ってきたのは言うまでもありません。(^^;)

iPhone 6s 開封の儀

DSC02228.JPG

今回もヤマト運輸さんが届けてくれました。ありがとうございます。

DSC02229.JPG

ネット購入の場合は、誰も手が触れることのない形で配送してくれるため「はじめて」を実感できるのが最大のメリットと言えます。

DSC02230.JPG

iPhone 6sのパッケージです。iPhone 6では真っ白なパッケージで素っ気ない感じで好きではなかったのですが、iPhone 6sではiPhoneとディスプレイには金魚(?)が描かれています。

DSC02231.JPG

iPhone本体はエンボス加工されています。ちゃんとホームボタン部分もくぼんでいるのには驚きました。さすがApple。ちいさなところまでこだわりを忘れません。

DSC02234.JPG

上下側面にアップルのロゴが光り輝いています。ちゃんとインクはローズゴールドにあわせいてるようです。エンボス加工はされていません。

DSC02233.JPG

利用側面にiPhone 6sと表記も。ここもエンボス加工はありません。

DSC02244.JPG

それでは開けていきましょう!!ピリピリ〜。

DSC02246.JPG

ビニールを取った状態で再びパッケージを確認しておきましょう。反射がなくなりましたね。

DSC02248.JPG

ローズゴールドのアップルロゴも悪くないですね。オシャレ。

DSC02250.JPG

iPhone 6s!

DSC02247.JPG

斜めから見るとエンボス加工がよく分かります。

DSC02256.JPG

パッケージ裏面にモデル名や各国言語による説明が明記されています。この部分はシールです。パッケージ開封前ですでに12枚もの写真でご紹介するブログが他にあるでしょうか? 今回は写真多めでご紹介しています。(^^;)

DSC02258.JPG

そして開梱!!iPhone 6sのお出ましでーす。いつものようにふたを開けるとそこにiPhone 6sがいます。

DSC02260.JPG

斜めから見るとかんな感じ。

DSC02261.JPG

反対から見るとこんな感じ。いろんな角度からみて何の意味があるのかは不明です。(^^;)

DSC02263.JPG

それではiPhone 6sを取り出しましょう!!iPhoneの下につまみ上げられるようにぺらぺらのツバがついしてるのです。これも例年通りです。このシーンは何度も写真を撮影しているので、最近はデジャブに襲われます。(^^;)

DSC02265.JPG

iPhone本体の下には付属品が入っています。

DSC02277.JPG

同梱されている付属品はいつもの、イヤホンとACアダプタ、Lightningケーブルの3点セットです。

DSC02278.JPG

iPhoneは急速充電に対応しているのに未だにACアダプタは5V/1.0Aなのが不思議です。1.5Vにすればいいのに。

DSC02279.JPG

マニュアル類はこの中に入っています。

DSC02281.JPG

開くとSIMトレイを取り出すための例のピンが入っています。

DSC02283.JPG

マニュアル類はこんな感じ。いつものようにアップルのステッカーは入っていますが、「Hallo」が入ったマニュアルはありませんでした。最近、iPhoneで最後にHalloを見たのはいつだったっけな??

DSC02266.JPG

iPhone 6sをはじめて持ってみました!ローズゴールドです。

DSC02269.JPG

まだ保護シートがついしている状態ですが一通り見てみましょう。斜めから見ると側面のカーブがなめらかでローズゴールドが映えますね。

DSC02276.JPG

底面はこんな感じ。iPhone 6と変化無しです。スピーカー、Lightningケーブル口、イヤホンジャック、マイク。

DSC02271.JPG

背面です。ゴールドよりピンクがかった淡いいい色です。優しい感じがしますね。

DSC02272.JPG

右側面に電源スイッチ、SIMスロットなどがあります。

DSC02273.JPG

右斜め上から見ても美しい。

DSC02274.JPG

背面です。

DSC02275.JPG

背面ちょっと上から見るとこんな感じ。まだ保護シートがついた状態なのでテカっていますが、ローズゴールドの色合いが違和感なくいい感じだということはよくおわかりいただけるかと思います。

DSC02287.JPG

それでは保護ビニールシートを外していきましょう。ピリピリ〜。

DSC02288.JPG

背面が素の姿になりました!

DSC02290.JPG

続いて表面。ペリペリ〜。

DSC02292.JPG

完全な裸な状態です。ピカピカですね。

DSC02294.JPG

ビニールが取れましたので、もう一度、iPhone 6sをアップで詳しく見ていきましょう。

DSC02298.JPG

斜めからも美しいです。でも個人的にはiPhone 5sまでのダイヤモンドカットされたエッジが好みでした。でも角が当たると傷が付きやすかったのはマイナスポイントでした。iPhone 6からこのデザインになり、裸族で1年使いましたが傷はほぼ着きませんでした。

DSC02295.JPG

底面です。すべての箇所に妥協を許さないデザインと完成度です。

DSC02297.JPG

若干、高さを変えて見てみましょう。

DSC02304.JPG

右側面。

DSC02299.JPG

左側面。

DSC02301.JPG

ボリューム部をアップで見てみるとこんな感じ。

DSC02302.JPG

上から。

DSC02310.JPG

背面。Dデザインは好みの分かれるところですが私はあまり好きではないです。のっぺりとした感じを受けます。でもiPhone 6s全体として非常に高い満足度を感じられるところがiPhoneブランドがなせる技なのでしょうか。

DSC02319.JPG

右斜めからも見てみましょう。

DSC02314.JPG

下から背面を見るとこんな感じ。

DSC02315.JPG

背面ななめから見る。ローズゴールド、いいですね。

DSC02316.JPG

反対側からも見ておきましょう。

DSC02321.JPG

少し遠目でも見ておきましょう。

DSC02322.JPG

さすが、sモデル。完成度が高いですね。

DSC02323.JPG

下からです。

DSC02324.JPG

この角度からもわずかながらローズゴールドが分かります。

DSC02325.JPG

少し斜め上から。

DSC02326.JPG

少しだけ左から。

以上、写真多めのiPhone 6s開封の儀でした。

iPhone 6とiPhone 6sを比べてみる

DSC02327.JPG

左がiPhone 6、右がiPhone 6s。外観はほぼ同じ。ひと目だけでは差に気づかないと思います。

DSC02329.JPG

背面。こうして比べるとゴールドとローズゴールドの色の違いがよく分かります。

DSC02334.JPG

上から一緒に見たところ。iPhone 6sが若干サイズアップしていますが分かりますか?

DSC02335.JPG

右側面から見たところ。

DSC02336.JPG

下から見たところ。上がiPhone 6s、下がiPhone 6。

DSC02339.JPG

最後に左側面から見たところ。

どうでしょうか?差は分かりましたでしょうか?1年間、iPhone 6を裸族で利用してきた私は、サイズの差と重量の差が分かりました。

ケースを付けていた場合には差は気にならないレベルだと思います。

コンマ数ミリでも筐体が変更になったのですがデザインは踏襲してきたiPhone 6s。ケースでハード系のものは流用できないことが多いかもしれません。購入の際、よく確認しましょう。

初期設定&ベンチマーク結果

DSC02340.JPG

起動しますよ〜。Appleマークがシンプルでカッコいいです。以前はこれだけでも感動してワクワクしたものです。人間、慣れるものですね。

DSC02342.JPG

ここでHelloが来ました。あとはiOS 9の設定画面となります。

DSC02343.JPG

Appとデータの項目で「Androidからデータを移行」の項目を発見。

DSC02344.JPG

AndroidからiOSへ移行を補助する機能ですが前からあったっけな??

DSC02345.JPG

一通り設定が終わりました。「ようこそ iPhoneへ」 「さあ、はじめよう!」。はい!!

IMG_0002

今回はまっさらの状態から使います。これが初期画面のiPhone 6sです。久しぶりにシンプルな画面を見ました。これらよろしくね!!!

つづいてベンチマークを取ってみましょう。すでにたくさんアプリが入っていたり公平な条件ではありませんが参考まで。

ベンチマークはポピュラーなGeelbench 3を利用しました。

Geekbench 3

Geekbench 3
¥120
posted with アプリーチ

iPhone 6s ベンチマーク結果

IMG_0003

現在の最新はiOS 9.0.2ですが、納品時のバージョンはiOS 9.0でした。メモリはやはり2GB!!ヤッホー!!

IMG_0004

スコアはシングルコアが2523、マルチスコアが4374となりました。

IMG_0005

シングルコアではiPad Air 2の1803を超える結果となりました。これはスゴイ。

IMG_0006

マルチコアでもiPad Air 2に迫るスコアをたたき出しました。iPhone 6、iPhone 6 Plusを大きく超える性能であることは間違いなさそうです。

iPhone 6 ベンチマーク

IMG_7968

1年間利用してきたiPhone 6なので不利ですが、測定しておきましょう。iOS 9.0.1です。

IMG_7969

スコアはシングルコアが1618、マルチスコアが2901となりました。

IMG_7970

Geekbenchのサンプル数値とほぼ同等のスコアとなりました。

IMG_7971

マルチコアでも同じです。

iPhone 6でも快適だったのにさらに性能が向上したiPhone 6s。どんな体験が待っているのでしょうか?

iPhone 6s 64GB ローズゴールドのここがGood!

  • メモリが1GB→2GBに倍増しサクサク(CPUの影響?)
  • 高速化されたTouch ID
  • オシャレなローズゴールド

iPhoneを語る場合、iOS 9の機能とiPhone単体の性能が混在する事が多いですが、iPhone 6sは、Touch IDの高速化とメモリ倍増、CPU高性能化でサクサク感が半端なくなりました。

特にTouch IDは1秒弱でロック解除されホーム画面が表示されるため、はじめはロックを忘れてるのかと思ったほど。

メモリが2GBに倍増されたことは恐らくCPUの高性能化より高速化に貢献していると思います。何をするにもストレスがなくなり日本語入力、フリック入力にもたつきも一切なくなりました。

iPhone 6sは超高速化が最大のGoodな点と言えそうです。

iPhone 6s 64GB ローズゴールドのここがうーん

  • 若干サイズアップ&重量アップ
  • 本体が滑りやすい
  • 価格が高すぎる

3D Touchを搭載するため若干のサイズアップ、重量がアップしています。見た目、持った感じはほぼ影響はありませんが、1年間裸族で使ってきた私は持った瞬間に違和感というか差を感じました。(もちろん10分ほどで違和感なくなれちゃいましたが。)

これをうーんな点に挙げるのはちょっと酷かもしれませんがコンパクト化、軽量化が進んでいる中で逆行しているため敢えてうーんに入れさせていただきました。

でもそれよりも申告なのが、本体が滑りやすい点。アルミ筐体で平べったいデザインなのでとても滑りやすいです。これはiPhone 6sだけではなくiPhone 6からのうーんな点です。

最後は何といっても本体価格が高すぎると思います。そもそも円安ですし、ハイエンド機としての位置づけでしかもこの価格でも売れる、需要があるのだから仕方ないと思うのですが、、、高い!せめてあと15,000円ほどは安くして欲しかったです。

iPhone 6s 64GB ローズゴールドの評価保留事項

  • アウトカメラが800万画素→1200万画素になったカメラ性能
  • インカメラが120万画素→500万画素になったカメラ性能
  • 3D Touchのユーザリビティの恩恵、検証
  • 若干、バッテリー容量かダウン

iPhone 6sで高性能化した部分と若干悪くなった部分については現段階では検証が取れていないため、評価を保留したいと思います。

カメラ性能は上がるのは大歓迎ですが、iPhoneのきれいな画質が損なわれていないか?ストレージ容量が逼迫しないか?は今後検証していきたいと思います。

また、3D Touchは少し使ってみたところではやっぱり操作が難しいです。対応アプリ、非対応アプリの差も分かりにくいですし、無くても使えるものを3D Touchでわざわざ機能を複雑化させる意味、効果、恩恵がまだ見えてきていません。

この点についてもしばらく使いたいと思います〜。

さいごに

結局、買ってしまったiPhone 6sですが、サクサク快適です。iPhone 6の正統進化版と言えるでしょう。iPhone 6の時には画面サイズが大きくなり対応アプリが一通り対応するまでに半年は掛かりました。今回、目玉の3D Totch機能は見た目には影響がなく、搭載する必要性もさらに低いためすべてのアプリに何らかのアクションが割り付けらはれることは無いと予想されます。3D Touchは今後半年~1年といった長いスパンで理想の使い方が模索されていくものだと思います。あって邪魔になるものではないので暖かく見守っていきたいと思います。

iPhone 6からの買い換えで快適になって満足している私ですが、果たして買い換える必要性はあったか?と問われると、「敢えて買い換えるほどでもない」と感じました。もちろん、買い換えることで得られるスピード感は相当なものですが、iPhoneは2年ごとに買い換えるのが良さそうです。

今回は写真を多めにiPhone 6sをご紹介しました。ブログで紹介しきれなかった写真をFlickrに掲載しているのでよろしければそちらもご覧いただければ、iPhone 6sのデザインの素晴らしさを実感していただけるかと思います。

Explore hitoxu's 12,472 photos on Flickr!

またTwitterでもリアルタイムで開封の儀を執り行いましたが、その様子をToggetterにまとめましたのでお暇なときにどうぞ。

1週間遅れですがiPhone 6sをゲットしたので開封の儀を執り行わせていただきました。
スポンサーリンク
【レビュー】写真多めのiPhone 6sローズゴールド開封の儀&ファーストインプレッション
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin