【レビュー】爆速と噂のUSB3.0メモリー「SanDisk Extreme SDCZ80(国内正規品)」をMBPで実際に測定してみた

DSC01762.JPG

「USB 3.0対応USBメモリはUSB 2.0のUSBメモリーより速い」と漠然としたイメージを持っている方も多いと思います。USB 2.0まで対応しているUSBメモリと比較すると断然速いのですが、実はUSB 3.0対応メモリーの中でも速度はピンキリ。

私もこれまで特に意識したことは無かったのですが、コンパクトなUSB 3.1対応メモリーを使ってみて、「快適だけれどこれよりも速いUSBメモリーって無いのかな?」と探したのがキッカケでした。

【レビュー】コンパクト&USB3.1対応メモリ「キングストン DTMC3/32GB」を試してみた
データの保管、移動の手段としてクラウドを利用することが増えてきましたが、手軽さやオフラインでも利用できる、高速転送などの理由から、USB...

調べると、SanDiskのSDCZ80が爆速と評価が高く実測レポートの数値も100MB/s越えが多数上がっていました。

SanDisk SDCZ80はいろいろな種類が発売されていますが、「SanDisk Extreme USB3.0 フラッシュメモリー 64GB (無期限保証)[国内正規品] SDCZ80-064G-J57」(5,334円)を購入しました。

特徴は以下の通り。

  • SanDisk SDCZ80
  • 国内正規版(日本) ←並行輸入版ではない
  • 64GB ←伝送速度は容量によって違いがある

国内正規版だと保証をちゃんと受けられます。

また、容量によって伝送速度に差をつけてきています。何だかセコいな〜。

読み込み速度は容量で差は無く読取り最大245MB/秒。書き込み速度は最大190MB/秒(64GB)、書込み最大100MB/秒(32GB)、書込み最大50MB/秒(16GB)となっています。今回64GBを選択したのは、モデルで最速のためです。

また、最速と言う意味では、SDCZ80よりも上がいて最上位モデルは「SanDisk Extreme Pro USB3.0 フラッシュメモリー 128GB (無期限保証)[国内正規品] SDCZ88-128G-J57」で転送速度は読取り最大260MB/秒、書込み最大240MB/秒でお値段は12,340円!!

容量もそこまで必要無いし、速度差もあまり変わらないと判断しました。そもそもこの価格はさすがに手が出ませんでした。(^^;)

サンディスク エクストリームUSB 3.0 フラッシュメモリー | サンディスク

スポンサーリンク

開封の儀

DSC01738.JPG

Amazonの当日お急ぎ便で注文しましたがなかなか届かないな、と思っていたら無造作にポストに投函されていました。5,000円以上の品を受け取り員無しでいいの?と思ったり。パッケージはシンプルです。

DSC01739.JPG

小さな商品の場合は簡易なパッケージは大歓迎です。大げさな段ボールなどはもったいないですもんね。ぴりぴり〜と開けましょう。

DSC01742.JPG

USBメモリーがそのまま入っています。

DSC01749.JPG

同梱物はUSBメモリーと取扱説明書、ResucuePROの優待券、以上です。

DSC01745.JPG

国内正規版なのでマニュアルは完全日本語です。読みやすいです。

DSC01747.JPG

サンディスク・カスタマーセンターの連絡先がしっかりあるので安心感が違いますね。さすが国内正規版! しかもフリーダイヤルなのがまたまた嬉しい!

DSC01748.JPG

保証期間はExtremeは「無期限」です。日本国内でサポートを受けられるのは国内正規版のみとのことです。並行輸入版は国内では保証を受けられない場合があるので注意が必要です。

DSC01753.JPG

こいつかSanDisk Extreme 3.0本体です。本体下部にアクセス時に点灯するランプがあります。

DSC01754.JPG

裏面はこんな感じ。ストラップホールもしっかりあります。大容量になればなるほど紛失時のリスクが高まります。外出時は肌身離さず、を心がけたいです。

DSC01757.JPG

USBの、本体部分を親指で押し上げると、、、

DSC01758.JPG

USB端子がニョキっと出てきます。

DSC01759.JPG

USB 3.0の証し、端子は青色です。

DSC01762.JPG

しまう時は出すときと反対、親指を添えて手前に引くだけです。

DSC01763.JPG

取り扱いは簡単ですが、この機構のものはスプリングを使っているため故障すると使えなくなる恐れがあるため心配ではあります。

以上、開封の儀でした。

通信速度を測定してみた

DSC01765.JPG

MacBook Proに接続します。もちろん、MacBook ProはUSB 3.0です。

DSC01768.JPG

さすとこんな感じ。小さくは無いけど速度のためならこの大きさは問題無いと感じました。

DSC01769.JPG

iPhone 6と比較するとわかりやすいかな?

Untitled

速度を測定すると、、、書き込みは180MB/s、読み込みは250MB/sとの結果。

いやはやこれは噂通りの爆速です。ほぼスペック通りの数値が出ました。

SanDisk SDCZ80-064G-J57のここがGood!

  • 書き込み、読み込みともに高速
  • フリーダイヤルのサポートデスクがある
  • 無期限の保証

噂通り、人気の製品なので、安定して高速な書き込み、読み込み速度を実現してくれています。さすがです。

国内正規版の特典としてサポート内容も充実しているのもポイントが高いです。

SanDisk SDCZ80-064G-J57のここがうーん

  • 若干大きめ
  • USB端子が収納される方式でスプリングのため故障が心配
  • 並行輸入版より1000円ほど高い

高速を実現するため本体サイズはこの大きさが必要なのだと思いますが、ノートパソコンなど邪魔になるシーンも多くありそうです。標準で10センチくらいの延長USBケーブルが付属してれば嬉しかったです。

USB端子の構造は好き嫌いがありますね。私は嫌いではありませんが、やっぱり故障が心配かな?

価格が並行輸入品より高いのは安心料と考えれば私は納得できてますが、少しでも安く抑えたい場合は並行輸入品も、選択肢に入れてもいいかもしれません。

さいごに

さすが人気の高いUSBメモリーです。ここまで速度が出るとは正直なところ予想してなかったため驚きました。ファイルサイズが5GBでのテストのためこの速度が出てますが、ファイルサイズが小さく、多くなると当然速度は低下します。(この、USBメモリーに限ったことではありません。)

WindowsではオンラインソフトのFastDiskを利用すれば超快適なコピー環境が実現されます。

SanDisk SDCZ80はかなりオススメです! 買ったUSBメモリーの速度が出ないと、お悩みの方は一度検討してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
【レビュー】爆速と噂のUSB3.0メモリー「SanDisk Extreme SDCZ80(国内正規品)」をMBPで実際に測定してみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin